ニュース
» 2009年09月16日 18時34分 UPDATE

東芝が“REGZA”を一新、5シリーズ25モデルを投入 (1/2)

東芝は9月16日、液晶テレビ“REGZA”の2009年秋モデルを発表した。大画面化にくわえ、25モデル中21モデルが録画対応。スタンダードモデルでも外付けUSB HDDを加えるだけで録画できる。

[ITmedia]

 東芝は9月16日、液晶テレビ“REGZA”の2009年秋モデル新製品を発表した。スタンダードモデルの「A9000」からフラグシップの「ZX9000」まで、5シリーズ計25モデルをラインアップ。継続販売はA8000シリーズの一部のみという全面リニューアルになった。9月下旬から順次発売する予定だ。

photophoto

 5月に導入されたエコポイント制度により、国内の薄型テレビ市場は全体が大幅に伸長しているが、中でも東芝“REGZA”は対前年比250%(2009年5〜8月)前後と他メーカーを大きく上回る。この勢いを持続させるため、2009年秋モデルでは全シリーズに40型以上のモデルを設けるなど大画面モデルを拡充、エコポイント需要に対応する。また、“録画”機能をボリュームゾーンのスタンダードシリーズまで広げた。新製品25モデルのうち、実に21モデルが内蔵HDDもしくは外付けUSB HDD(別売)により、録画機能を利用できる。

 「2008年以降、録画対応テレビは急速に浸透している。2009年上期に販売されたテレビのうち、全体の17%にあたる87万台が録画対応機。下期には4台に1台は録画対応テレビになると見込んでいる」(東芝デジタルメディアネットワーク社テレビ事業部日本部の岡田淳部長)。

ZX9000シリーズ/Z9000シリーズ

 LEDバックライトを搭載するREGZAのフラグシップ「ZX9000」シリーズは、従来のZHシリーズを統合するかたちで500GバイトのHDDを内蔵した。サイズは46V型と55V型の2種類で、液晶パネルはどちらもVA方式。光沢のある「フルHDクリアパネル」を採用している。外観は従来機を踏襲しているが、フレーム部のグラデーションが目立たないデザインになった。

photophoto 55ZX9000

 一方のZ9000シリーズは、37V型から55V型までの4サイズをラインアップ。IPS方式の液晶パネルに光沢コートを施したフルHDクリアパネルを採用している。バックライトは通常のCCFL。120Hz駆動と黒挿入を組み合わせた「Wスキャン倍速」で動画性能を改善する。HDDは内蔵していない。

 XZ9000/Z9000シリーズ共通の仕様として、新たにUSB接続の外付けHDDを同時に4台接続できるようになったことが挙げられる。もちろん従来通りNAS(LAN HDD)も8台まで接続可能。録画用のストレージを柔軟に拡張できるようになった。

 また地デジチューナーを3基搭載したことで、W録(2番組同時録画)しながら別のチャンネルを視聴できる「地デジ見ながらW録」を実現した。このため、B-CASカードは2枚になっている。

 このほか、超解像技術は「レゾリューションプラス3」へ、自動画質調整機能「おまかせドンピシャ高画質3」にそれぞれ進化。ゲームプレイ時の遅延時間をさらに短縮した「ゲームダイレクト」など、新しい機能を多く搭載している(→録画に強く、ゲームにも強い REGZA新「Zシリーズ」詳報 )。

型番 55ZX9000 46ZX9000
画面サイズ(解像度) 55V型(フルHD) 46V型(フルHD)
内蔵HDD 500Gバイト
チューナー構成 地上デジタル×3、BSデジタル・CS110度デジタル×2
HDMI入力 4
実売想定価格 60万円前後 50万円前後
発売日 11月上旬
photophoto Z9000シリーズ。右は「42Z9000」
型番 55Z9000 47Z9000 42Z9000 37Z9000
画面サイズ(解像度) 55V型(フルHD) 47V型(フルHD) 42V型(フルHD) 37V型(フルHD)
内蔵HDD なし(USB HDD、LAN HDD対応)
チューナー構成 地上デジタル×3、BSデジタル・CS110度デジタル×2
HDMI入力 4
実売想定価格 47万円前後 37万円前後 30万円前後 25万円前後
発売日 11月中旬 11月上旬
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.