ニュース
» 2009年09月24日 15時22分 UPDATE

2層BDに36時間フルHD録画、8.5倍対応のAQUOSブルーレイ

シャープが8.5倍の長時間録画可能な“AQUOSブルーレイ”新製品を発表した。既存モデルより長時間録画が可能になったほか、2番組の同時長時間録画や長時間録画中のダビングが可能になるなど利便性も向上した。

[ITmedia]

 シャープは9月24日、Blu-ray Disc/HDDレコーダー“AQUOSブルーレイ”の新製品「BD-HDW50」「BD-HDW45」「BD-HDW43」を10月24日より販売開始すると発表した。いずれも長時間録画を可能とするトランスコーダー技術の改良が進められ、従来機を上回る“約8.5倍”の長時間録画が可能となった。

photo 上段が「BD-HDW50」、下段左が「BD-HDW45」、右が「BD-HDW43」

 価格はいずれもオープンで、実売想定価格は1TバイトのHDDを搭載するBD-HDW50が19万円前後、500GバイトのHDDを搭載するBD-HDW45が14万円前後、320GバイトのHDDを搭載するBD-HDW43G12万円前後。

 MPEG-4 AVC/H.264トランスコーダーのアルゴリズムを改良し、TS記録(DRモード)の約8.5倍相当の録画を可能にした。トランスコーダーはMPEG2-TSで送信された放送データを、一定段階まで展開して変換する。解像度の変更を行わないため、エンコードよりも高い画質が期待できる。AQUOSブルーレイでは、2008年夏モデルより搭載されている。

 本製品では8.5倍相当までの長時間モードを備え、記録メディアが2層BD(50Gバイト)の場合、フルHDのままで録画時間を約36時間まで延長できる。また、従来機では不可能だったダブルチューナーを利用しての「2番組同時長時間モード録画」が可能となったほか、2番組同時長時間モード録画中でもBD再生やHDD→BDへの高速ダビングが行えるなど、利便性も大きく向上した。

 HDMI-CEC「AQUOSファミリンク」はより連係機能が強化された「AQUOSファミリンクII」に対応。レコーダー再生時に操作パネルをテレビ画面上に映し出すことができ、レコーダーのリモコンに持ち換えることなく、テレビのリモコンから操作が行える。

 HDDや本体メモリではなく、BD-REメディアに予約情報を書き込むことで、メディアをセットするだけで番組予約が行える「マイディスク予約」が行える。1枚のBD-REメディアに毎日/毎週を含め8番組の予約設定が可能で、コンポレーションディスクの作成も容易だ。また、予約設定の書き込まれたBD-REはBD内蔵AQUOSでも番組予約/録画が可能だ。

 録画したデジタル放送の番組をUSB経由で携帯電話へ転送する「高画質 番組持ち歩き」機能も搭載するほか、AVCHD方式のビデオカメラをUSB接続すれば、取り込みたい映像のみを選択して本製品のHDDへ取り込むこともできる。取り込んだ映像は本製品上で編集、BDへ書き込める。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.