ニュース
» 2009年09月30日 14時21分 UPDATE

あえて○%カットとは言わない――ボーズ、NCヘッドフォン「QuietComfort 15」

ボーズがノイズキャンセリング(NC)ヘッドフォン「QuietComfort 15」を発売。「あえて“騒音を○%カット”とは言わない。自分の耳で判断して欲しい」という自信作だ。

[ITmedia]

 ボーズは9月30日、ノイズキャンセリング(NC)ヘッドフォン「QuietComfort 15」を同日より販売開始すると発表した。同社直営店ならびオンラインストアのみでの限定販売製品で、価格は3万9900円。

photo 「QuietComfort 15」

 新製品は「QuietComfort 2」の後継となるオーバーイヤータイプのNCヘッドフォン。周囲の騒音をマイクで集音し、逆位相の波形を作り出すことでノイズを打ち消す仕組みは変わらないが、マイクをハウジング内部に加え、ハウジング外部にも集音マイクを設けた。

 外部ノイズは内部と外部それぞれのマイクで集音され、各マイクと連動する回路で処理されるため、既存製品を上回る分析・波形生成能力を持ち、結果として「これまでにない正確なノイズキャンセルを実現する」という。

photophoto QuietComfort 15には小さくハウジングにマイク穴が設けられている(写真=左)、QuietComfort 2にはこのマイク穴がない(写真=右)

 「価格を上げず、性能を“飛躍的に”向上させる。これが新製品のテーマでした。飛躍的に向上したからこそ、(QuietComfort 2の後継ながら)QuietComfort 15という製品名としたのです。より広い周波数帯でノイズキャンセリングの効果を発揮しますし、その時々、瞬間瞬間のノイズを低減する能力を持っています」(米ボーズ Denis Celuch氏)

 新製品は“周囲の騒音を○○%カット”など数値で表現しない。――あえて数値は出していません。皆様が自身の耳で判断して欲しいのです――Celuch氏は自信を見せる。

 外観はQuietComfort 2とほぼ変わらず、シルバーを基調としたカラーリングも変わりない。ハウジング外側のマイク穴に気が付かなければ新製品とは分からないほどだ。2マイク構成となりながらサイズは160(幅)×195(高さ)とこちらも変わらない。重量は約190グラム(乾電池含む)だ。

photophoto 収納時にはハウジングを90度回転させることができる(写真=左)、米ボーズ Product Marketing ManagerのDenis Celuch氏(写真=右)

 電源には単四形乾電池を1本使用し、アルカリ乾電池の利用で約35時間の連続利用が行える。ケーブルは左ハウジングから伸びる片出し式(着脱可能)で、入力プラグは3.5ミリステレオミニプラグ。パッケージにはキャリングケースと航空機用変換プラグが付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう