連載
» 2009年10月05日 09時15分 UPDATE

本山由樹子の新作劇場:ジヒョンVS小雪のアジアンビューティー対決――「ラスト・ブラッド」

アニメ「BLOOD THE LAST VAMPIRE」の実写版がインタビューやメイキングなど特典満載でBD化。見どころはやっぱりチョン・ジヒョンのセーラー服姿でしょ。

[本山由樹子,ITmedia]

ラスト・ブラッド(Blu-ray Disc)

photo

 プロダクションI.G.制作によるフルデジタル・アニメーション「BLOOD THE LAST VAMPIRE」(2000年)を「猟奇的な彼女」ことチョン・ジヒョン主演で実写化したアクション・ホラー「ラスト・ブラッド」が10月9日にBlu-ray Disc化。

 特典はチョン・ジヒョンのワイヤー・スタントの舞台裏や監督・キャストのコメントを収めたメイキング、ジヒョンや小雪についてのインタビュー集、キャラクター考察、アクション・シーンのメイキング映像、ジヒョンが撮影前に行ったトレーニングの様子、オニの特殊メイク、2009年4月2日に行われた完成披露試写会の模様、ストーリー・ボードなどを収録している。

 女子高生サヤ(ジヒョン)の父親は勇敢な武将であったが、400年前にオニ族(バンパイア)のボス、オニゲン(小雪)に殺された。オニと人間のハーフであるサヤは、父の家臣カトウ(倉田保昭)に育てられ、剣術を習って最強の剣士に成長していた。

 そして1970年の日本。人間側の機密機関と連携をとりながら、オニの処刑人をしているサヤ。ある日、アメリカ空軍の日本駐留基地でオニの仕業と思われる殺人事件が発生し、サヤはアメリカンスクールに潜入、父の仇であるオニゲン打倒を目指すが……。

 監督は「キス・オブ・ザ・ドラゴン」のフランス人クリス・ナオン。報復に駆られる自分と人間らしい心といったアイデンティティーの葛藤や、カトウとの師弟関係など、本作には色々なドラマ要素が盛り込まれているが、やはり見どころはゲーム感覚のカメラワークとワイヤー+日本刀アクション。

 特にオープニングの地下鉄内で繰り広げられるアクションはアニメ版の雰囲気をバッチリ踏襲している(路線は銀座線なのに車両は丸の内線だけど)。まあ、ほかにもトンデモな日本描写が目に付くが、そもそも無国籍ムードがウリだから、それほど気にならないはず。

 アクション以上に期待してほしいのが、セーラー服に日本刀、黒髪の三つ編みにハイソックスというジヒョンの女子高生ルック。これがカワイイのなんの。ところが人間の姿に化けたオニを発見するや、日本刀で一瞬にして斬り捨てる。とにかく斬って、斬って、斬りまくる。背中に背負った筒を後ろ足でポンと蹴り上げる姿にもシビれること必至。ツッコミどころは多々あるが、オニゲン役の小雪姉さんとのアジアンビューティー・バトルだけでも一見の価値あり。

関連キーワード

Blu-ray | 映画


ラスト・ブラッド(Blu-ray Disc)
発売日 2009年10月9日
価格 4935円
発売元 アスミック
販売元 角川エンタテインメント
スタッフ 監督:クリス・ナオン/アクション監督:コーリー・ユン
出演 チョン・ジヒョン、小雪、アリソン・ミラー、リーアム・カニンガム、JJフェイルド、倉田保昭
上映時間 91分(本編)
製作年度 2008年
画面サイズ シネマスコープ/スクイーズ
ディスク仕様 片面2層
音声 (1)DTS-HDマスター・オーディオ/5.1chサラウンド/英語 (2)ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/英語 (3)ドルビーTrueHD/5.1chサラウンド/日本語
特典 “メイキング・オブ・「ラスト・ブラッド」”/「ラスト・ブラッド」のキャラクターたち/“チョン・ジヒョン”(チョン・ジヒョンについてのインタビュー集)/“小雪”(小雪についてのインタビュー集)/“倉田保昭”(倉田保昭についてのインタビュー集)/“コーリー・ユン”(コーリー・ユンについてのインタビュー集)/“クリス・ナオン”(クリス・ナオンについてのインタビュー集)/アクション/トレーニング/特殊メイク/クリーチャー/披露試写会舞台挨拶映像/ストーリー・ボード 

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう