ニュース
» 2009年10月09日 13時17分 UPDATE

マランツ、“Dolby Pro Logic IIz”対応のAVサラウンドアンプ「SR6004」

マランツは、同社製AVアンプ「SR6003」の後継モデル「SR6004」を発表した。

[ITmedia]
photo SR6004

 マランツは10月9日、同社製AVアンプ「SR6003」の後継モデル「SR6004」を発表、10月下旬より発売する。価格は12万6000円(税込み)。

 7.1チャンネル対応のAVサラウンドアンプ。フロントL/Rスピーカーの上に「フロントハイトスピーカー」を追加して垂直方向の表現力を与える最新サラウンドフォーマット「Dolby Pro Logic IIz」に対応したモデル。スピーカーターミナルはサラウンドバック/フロントハイトを加えた9チャンネル分を装備。サラウンドバックとフロントハイトは再生ソースに応じて切り替え利用が可能だ。定格出力は110ワット×7。

 Bluetoothレシーバー「RX101」を標準装備しており、対応機器からの音楽再生が可能。そのほかiPhone/iPodのデジタル入力にも対応するUSB端子などを備えた。入力端子として、HDMI×4、コンポーネント×3、Sビデオ×1、コンポジット×5、同軸デジタル×2、光デジタル×4、アナログステレオ入力×7などを備えている。

 本体サイズは440(幅)×389(奥行き)×161(高さ)ミリ、重量は12.7キロ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう