ニュース
» 2009年10月09日 18時49分 UPDATE

CEATEC JAPAN 2009:データ放送からVoDへ直行 展示会場で実証実験

面白い番組を見つけたとき、リモコンの「d」ボタンを押すとVoDが起動。過去の放送回や関連する動画コンテンツを視聴できる。便利な「放送通信連携IPTVサービス」の実証実験が行われていた。

[芹澤隆徳,ITmedia]
photo IPTVフォーラムのブース。放送各社が実験用に製作した番組をデモンストレーション

 面白い番組を見つけたとき、リモコンの「d」ボタンを押すと、VoD(ビデオ・オン・デマンド)の画面が起動して過去の放送回を視聴できる。「CEATEC JAPAN 2009」の会場では、そんな便利な「放送通信連携IPTVサービス」の実証実験が行われていた。

 IPTVフォーラムのブースでは、NHK、民放各社(フジテレビジョン、TBSテレビ、テレビ朝日、日本テレビ放送網、テレビ東京)、およびWOWOWが実際の放送を模した画面を公開。パナソニックが試作した同サービス対応のBlu-ray Discレコーダーを利用してデモンストレーションを行っている。NHKは5月の「NHK放送技術研究所一般公開」に続く展示となった。また、機器を提供したパナソニックのブースでも同様の展示を見ることができる。

photophoto パナソニックブースで参考展示している「放送通信連携IPTVサービス」対応のBlu-ray Discレコーダー(左)。放送通信連携IPTVサービスの仕組み(右)

 最近は「アクトビラ」「ひかりTV」などのIPTVサービスに対応したテレビも増えているが、この放送通信連携IPTVサービスが実現すると、わざわざIPTVの画面を呼び出してコンテンツを探す手間がなくなる。また、VoD(ストリーミング)にくわえ、レコーダーのHDDなどにダウンロードすることも可能。オンエア中の番組に関連したコンテンツ、あるいは購入履歴などを参考にユーザーの好みに合わせたコンテンツを提供するため、ユーザーの利用頻度も高くなると期待されている。

photophoto テレビ東京のデモ画面。データ放送画面に「IPTVサービスはこちらから」というボタンが表示されている(左)。「ワールド・ビジネス・サテライト」の人気コーナー「トレンドたまご」の過去放送回をダウンロードできる(右)
photophoto ダウンロードが予約された(左)。ダウンロードしたファイルは、録画番組一覧に入る(右)

 ユーザーインタフェースとなるデータ放送画面は、既存のBMLを拡張したもの。新たに3つの関数を加え、画面上のボタンがIPTVサービスのトリガーになるようにした。また今回の実験環境では、VoDの部分に「アクトビラ ビデオ」の仕組みを利用するなど、技術的なハードルは低いという。

 画質は「デジタル放送のIP再送信と同じ」(IPTVフォーラム)で、ストリーミング、ダウンロードともにH.264圧縮による約10Mbpsとなっている。ただし、ダウンロード用コンテンツは画質を重視してVBR(Variable Bit Rate)を採用した。

 気になるのは放送通信連携IPTVサービスの開始時期。現在は、ARIB(電波産業会)で運用規定が検討されている段階で、2010年から2011年には対応するテレビやレコーダーも登場するとみられている。

 ただし、サービスを提供する側には課題が残されている。例えばNHKの場合、放送法で放送と通信の切り分けが定められており、現状のまま放送通信連携IPTVサービスを提供するのは難しい。一方の民放は、有償・無償といった部分を含め、ビジネスモデルの確立が必須だという。

 「ドラマなどの過去放送分を無償で提供し、視聴率アップのために利用するなど、すぐに始められるサービスも考えられる。それもすべて放送局の決断次第」(IPTVフォーラム)。

関連キーワード

IPTV | VOD | NHK | CEATEC | 便利 | データ放送 | 実証実験 | アクトビラ | ARIB


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.