レビュー
» 2009年10月15日 11時01分 UPDATE

レビュー:パンケーキが似合う薄型マイクロフォーサーズ――パナソニック「DMC-GF1」 (1/4)

パナソニック製マイクロフォーサーズ機の第3弾“LUMIX”「DMC-GF1」を使ってみた。気軽に持ち歩ける薄型軽量ボディながら、レンズ交換による自由度と4/3型センサーによる高画質を実現したカメラだ。

[永山昌克,ITmedia]

高品位な金属製コンパクトボディ

 パナソニック“LUMIX”「DMC-GF1」は、「DMC-G1」そして「DMC-GH1」に続く、同社マイクロフォーサーズ機の3作目だ。従来機にあった大柄のグリップと液晶のバリアングル機構を省き、ビューファインダーを外付けにすることで、ボディの薄型軽量化を図っている。同じく薄型の、オリンパス製マイクロフォーサーズ機「E-P1」のライバルともいえる製品だ。

photo 「LUMIX DMC-GF1」。メタリックな外装で、赤と黒のコントラストが映える

 DMC-GF1のボディは、レンズ交換式ながら、コンパクトデジカメを思わせるスクエアデザインを採用する。レンズマウントはボディのほぼ中央に位置し、薄型の単焦点パンケーキレンズ「LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.」を装着した際のバランスがいい。外装は、従来モデルの樹脂製とは異なり、アルミニウム素材で、適度な高級感と剛性感がある。カラーバリエーションは光沢感のあるレッドのほか、ホワイトとブラックが用意される。

photo DMC-GF1にパンケーキレンズ「LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.」を装着。この状態の重量は、バッテリーとメモリーカードを含め約442グラム

 本体重量285グラム、奥行き36.3ミリは、前2作に比べてかなり薄くて軽い。グリップ部のふくらみが小さいため、一眼スタイルのDMC-G1/GH1に比べるとホールド感はやや劣る。携帯性重視のスタイリングなので、それが弱点とはいえないが、望遠ズームや高倍率ズームなど大きな交換レンズを付ける場合は、左手でレンズ部をしっかりと支えることが欠かせない。

photophoto パンケーキレンズを付けたDMC-GH1(左)とDMC-GF1(中央)、およびコンパクトデジカメ「LUMIX DMC-LX3」(右)(写真=左)、一眼スタイルのDMC-GH1(左)に対して、DMC-GF1(中央)は、コンパクトデジカメのDMC-LX3(右)に近いデザインだ(写真=右)

 オプションのライブビューファインダー「DMW-LVF1」をボディ上部にセットすることで、フレーミングの安定感を高められる。特に焦点距離が長いレンズでは役立つだろう。ただし、ビューファインダー撮影や望遠撮影を多用する人なら、最初からビューファインダーが付いたDMC-G1やDMC-GH1を選んだほうが賢明かもしれない。DMC-GF1は、キット発売もされている単焦点パンケーキレンズまたは標準ズームが似合うカメラである。

photo 高倍率ズーム「LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.」を付けた状態。この場合、ボディ側(電池、カードを含め約343グラム)よりレンズ(約460グラム)のほうが重くなる
photo 上部のホットシュー部分のカバーを外すと、そこにオプションのライブビューファインダーや外部ストロボなどを装着できる
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.