ニュース
» 2009年10月15日 17時44分 UPDATE

ティアック、スリムなiPod/iPhone対応スピーカーシステム「R-4i」

ティアックは、iPod/iPhone対応のスピーカーシステム「R-4i」を11月上旬に発売する。薄型ボディーにAM/FMチューナーやアラームクロックを搭載。

[ITmedia]

 ティアックは10月15日、iPod/iPhone対応のスピーカーシステム「R-4i」を発表した。価格はオープンプライスで店頭では2万円前後になる見込み。11月5日に発売する。

photo 「R-4i」

 AM/FMチューナーやアラームクロック機能を搭載したスピーカーシステム。高さ53.5ミリのスリムなボディーは、上面にiPodドックと大型のジョグダイヤルなど操作ボタンを配置。スピーカー部には、左右独立の密閉型エンクロージャーを設け、英NXTが新たに開発した平面ユニット「BMR」(Balanced Mode Radiator)を搭載した。

 BMRは、同社のフラットスピーカー技術(NXT SurfaceSound Technology)を発展させたもの。従来は小型のアクチュエーターを使って平板を分割振動させる方法で、コンパクト化や指向特性にメリットがある一方、低域は200Hz程度に限られてしまい、サブウーファーとの併用が必須だった。

 対してBMRでは、駆動ユニット(アクティブユニット)にパッシブユニットをプラスすることで低域を増強。薄型のボディーはそのままに、低域から高域までバランスのいいサウンド再生が可能になったという。内蔵アンプの出力は10ワット+10ワット。

photo 「R-4i」の内部構造。手前側にある四角いユニットがパッシブユニット。奥がアクティブユニット

 チューナーはAM・FMそれぞれ10局までプリセットが可能。またアラームタイマーは2つ設定できるため、平日と休日で異なる起床時間を設定するといった使い分けも可能だ。

 外形寸法は、310(幅)×53.5(高さ)×209(奥行き)ミリ。重量は約1.45キログラム。外部入力端子として、ステレオミニジャック(AUX)を1系統備えている。

関連キーワード

ティアック | iPod | iPhone


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう