ニュース
» 2009年10月23日 13時34分 UPDATE

ビクター、カーボンハウジングで重低音再生を可能としたステレオヘッドフォン「HA-S800」

ビクター・JVCは、新開発のカーボンハウジングを採用したステレオヘッドフォン「HA-S800」を発表した。

[ITmedia]
photo

 ビクター・JVCは10月23日、新開発のカーボンハウジングを採用したステレオヘッドフォン「HA-S800」を発表、11月上旬より発売する。価格はオープン。

 HA-S800は、剛性に優れたカーボンファイバーを配合した「カーボンハウジング」を搭載した密閉型ヘッドフォンで、迫力のある重低音再生を実現。ドライバーユニットにはカーボンコンパウンド振動板を採用し音の解像感を高めている。

 再生周波数帯域は8Hz〜26kHz。ケーブル長は0.8メートル(+延長ケーブル0.7メートル)。本体重量は242グラム(ケーブル含まず)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう