ニュース
» 2009年11月04日 14時41分 UPDATE

約43時間録画可能な“ビエラ・ワンセグ”「SV-MC75」

パナソニックがポータブルワンセグテレビ“ビエラ・ワンセグ”の新製品「SV-MC75」を発売。大容量メモリを搭載し、約43時間の録画が行える。

[ITmedia]

 パナソニックは11月4日、ポータブルワンセグテレビ“ビエラ・ワンセグ”の新製品「SV-MC75」を11月13日より販売開始すると発表した。価格はオープン。

 4.3型液晶(解像度は480×272ピクセル)を備えたポータブルワンセグテレビで、内蔵する8Gバイトメモリにワンセグ放送を約43時間録画できる。ワンセグ放送録画については番組表からの録画に対応し、内蔵メモリのほか、SDメモリーカードへの録画も可能だ。

 SDメモリーカードスロットを利用して、薄型テレビ“ビエラ”Rシリーズで録画したワンセグ放送や、デジタルレコーダー“ディーガ”で持ち出し用に変換した各種放送の視聴も行える。AVCHD形式で録画したビデオカメラの映像も視聴できる。また、JPEG画像の表示にも対応し、音楽再生しながらスライドショー再生も可能となっているので、デジタルフォトフレームとしての利用も可能だ。サイズは136(幅)×74.5(高さ)×14.5(奥行き)ミリ、約187グラム。カラーはレッド/ホワイト/ブラックの3色を用意する。

photophoto 8Gバイトメモリを搭載する「SV-MC75」(写真=左)、新色のレッドが追加された「SV-ME750」(写真=右)

 また、既存の防水タイプ“ビエラ・ワンセグ”「SV-ME750」には新色の「レッド」が追加された。カラーリング以外の仕様に変更はなく、ピンク/ホワイト/ブラックの既存カラーバリエーションモデルも併売される。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう