ニュース
» 2009年11月11日 14時48分 UPDATE

ハーマンインターナショナル、JBLウォークマン用スピーカー「JBL on station III WM」

ハーマンインターナショナルは、ソニー“ウォークマン”シリーズ用のJBL製スピーカー「JBL on station III WM」を発売する。ソニーの「Designed for "Walkman"」ライセンスに準拠しており、安心して利用できる。

[ITmedia]

 ハーマンインターナショナルは11月11日、ソニー“ウォークマン”シリーズに対応したJBL製スピーカー「JBL on station III WM」を11月下旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は2万円前後。

photophotophoto 「JBL on station III WM」

 新製品はウォークマンの拡張ポートである「WM-PORT」を備えたスピーカーシステムで、WM-PORTを備えたウォークマンを差し込むだけで気軽に音楽再生を楽しめるほか、ウォークマンの充電も行える(NW-S703F/S705F/S706F/S603/S605を除く)。ソニーの「Designed for "Walkman"」ライセンスに準拠しており、安心して利用できる。

 合計20ワットのデジタルアンプで駆動されるフルレンジスピーカーユニット「Odyssey」を4基搭載、Odysseyはネオジウムマグネットや独自開発のアルミコーンを備えており、小型ボディからは想像もできないワイドレンジのサウンドを生み出すことが可能だ。パスレスポートはその効果を最大限に引き出す“Slipstream”デザインとなっており、高品位な低音を再生する。

 そのほかにも、自然な音楽再生を可能にする「COE」(Computer Optimized Equalization)や大音量時にもひずみを抑える「OCT」(Optimized Compression Topology)といった高音質化技術も備える。カラーはホワイトとブラックの2色で、単三形乾電池に駆動にも対応する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう