ニュース
» 2009年11月12日 12時55分 UPDATE

ケンウッド、iPodをフルデジタルで楽しめる高音質ミニコン“K series”「K-521」

ケンウッドはiPod Dockを備えたミニコンポ“K series”「K-521」を発売する。iPodのソースをフルデジタル伝送することで、iPodをソースとした際の音質を向上させた。

[ITmedia]

 ケンウッドは11月12日、iPod Dockを備えたコンパクトなホームオーディオシステム“K series”「K-521」を11月下旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は4万5000円前後。

photophoto “K series”「K-521」

 新製品は2004年より製品展開された高音質ホームオーディオシリーズ「K series」で培われた技術を投入した、ワンボディタイプのミニコンポ。iPodとの接続をDockを利用してのデジタル化としたほか、帯域補完技術「Supreme EX」もiPodからの再生時に適用することで、iPodをソースとした際の音質を向上させた。

 音質面では入力段からアンプの最終段までをフルデジタル化、最終段にはデジタルアンプを2基搭載する「左右独立・フルデジタルアンプ構成」とすることで微細な信号までを忠実に再現。また、音響テクノロジー「CONEQ」の採用によって、小型システムで発生しやすい音の偏りや視聴位置による音の印象の違いを補正する。スピーカーは大型磁気回路を採用した25ミリソフトドーム型ツィーターと、新開発のペーパーコーン採用の110ミリウーファーを全周15ミリ厚のMDFキャビネットに納めた。

 前面にアルミパネルを配した本体は設置性を考慮し奥行きを299ミリと抑え、カラーバリエーションも木目調スピーカー&シルバーとスピーカーと本体を双方ともにブラックとした2色を用意した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう