ニュース
» 2009年12月02日 04時38分 UPDATE

Windows 7に対応したLink Player「AV-LS700」登場

アイ・オー・データ機器は“AVeL Link Player”の上位モデル「AV-LS700」を12月下旬に発売する。基本機能や設置性を向上させながら、価格は既存モデルより抑えた。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 アイ・オー・データ機器は12月1日、ネットワークメディアプレーヤー“AVeL Link Player”の新製品「AV-LS700」を発表した。今年春に登場した「AV-LS500VX」より価格を抑えつつ、基本機能や設置性を向上させた上位モデル。1万6485円で12月下旬に発売する。

photophoto “AVeL Link Player”「AV-LS700」。背面のイーサネットポートが2つに増え、設置の際に別途ハブなどを購入する必要がなくなった

 光学ドライブは搭載せず、PCやNASに保存したコンテンツをネットワーク経由で再生するネットワークプレーヤー。CPUは従来機と同系列ながら、クロック周波数が倍程度に高速化しており、GUI(グラフィカル・ユーザー・インタフェース)が軽快に動作する。また背面のイーサネットポートを1つ増やし、ハブ機能を搭載。これにより、「ネットワーク対応ゲーム機などがすでにAVラックに置いてある場合も、新たにハブなどを購入する必要なく設置できるようになった」(同社)。

 新しい機能としては、まずWindows 7の「Windows Media Player 12」に対応したことが挙げられる。対応PCのHDDに保存してある動画や静止画、音楽ファイルは、別途サーバソフトなどを導入する必要なく、テレビやAVシステムで楽しめる(非著作権保護コンテンツに限る)。DLNAのレンダラー機能を使えば、PC側の操作で目的のコンテンツをテレビに再生させることも可能だ。

 従来機と同様、DTCP-IPもサポートしているため、レコーダーなどで録画したデジタル放送の録画番組をネットワーク越しで視聴することも可能だ。サーバとして利用できるのは、同社のNAS「HVL1-Gシリーズ」など。東芝「REGZA」のネットワーク録画機能でHVL1−Gシリーズに録画した番組を、ほかの部屋に置いたリンクプレーヤーで再生することができる。光デジタル音声出力端子を備えているため、AVアンプなどと接続すればネットワークを介した再生でもAAC 5.1チャンネル音声出力が可能だ。

 なお、DLNAサーバ機能を持つBlu-ray Discレコーダーとの組み合わせについては、「動作検証を終えたものから順次Webサイトに掲載していく方針」(同社)。この場合、MPEG-4 AVC(H.264)による長時間モード録画の番組もリンクプレーヤーで再生できるという。

 本体前面にあるUSBポートやSDメモリーカードスロットを使い、デジタルカメラの写真やAVCHDビデオカメラで撮影した動画をテレビで再生する機能も備えている。静止画再生時には、エフェクト付きのスライドショー表示が可能。このとき、プレーヤーに接続したHDDなどに収録した楽曲ファイルをBGMにすることもできる。また、USB接続したHDDにバックアップする機能もファームウェアアップデートにより追加する予定だ。

photophoto 前面のUSBポートに接続したビデオカメラの映像を再生できる。外付けHDDにバックアップする機能も搭載する予定だ

 従来機ではネットワーク動画配信サービスの「アクトビラ ビデオ・フル」や「DMM.TV」をサポートしていたが、新製品ではまず動画共有サイト(YouTube)に対応した。メニューから「アイ・オーポータル」を呼び出し、「動画投稿サービス」を起動すると、テレビ画面でYouTubeの動画が楽しめる。動画一覧画面では、視聴者の評価や再生回数も表示可能だが、動画表示はフル画面再生のみとなっている。なお、アクトビラやDMM.TVについても、「2010年のうちにファームウェアアップデートで対応する」(同社)としている。

photophoto 動画一覧画面では、視聴者の評価や再生回数も表示される。ただし、動画表示はフル画面再生のみのため、大画面のワイドテレビで視聴する場合は、解像度の低さやアスペクト比の違いが気になることもあるかもしれない

 映像出力は、HDMIとD4、コンポジットが各1系統。音声はコンポジットおよび光デジタル。HDMIリンク機能も搭載する予定(出荷に間に合えば当初から搭載)で、テレビとの電源連動や入力自動切り替えが行える。また、東芝のREGZAなど一部メーカーのテレビでは、テレビのリモコンでLink Playerのカーソル移動や再生操作も行える。

 再生可能なフォーマットは、動画がWMV9、MPEG-1、MPEG-2(PS、TS)、MPEG-4 ASP、MPEG-4 AVC(H.264)、AVCHD、Xvid。音楽はWMA8/9/9 Pro、MP3、MPEG-2、MPEG-4 AAC、リニアPCM。静止画はJPEG、BMP、PNG、GIF、TIFFとなっている。来春をメドにISOファイルの再生などもサポートする予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう