ニュース
» 2009年12月21日 21時23分 UPDATE

東芝、シンプルREGZAの新製品「32A900S」を発売

東芝は、液晶テレビ“REGZA”シリーズの新製品として、32V型の「32A900S」を12月22日に発売する。

[ITmedia]
photo 「32A900S」

 東芝は、液晶テレビ“REGZA”シリーズの新製品として、32V型の「32A900S」を12月22日に発売する。価格はオープンプライス。店頭では10万円前後になる見込みだ。

 録画機能を持たない“シンプルREGZA”のニューフェース。既存モデル「32A9000」と同様、ワイドXGA(1366×768ピクセル)のVAパネルを採用しているが、パネルコントラストは4000:1、ダイナミックコントラストは4万:1に向上している(A9000はそれぞれ3000:1と3万:1)。映像処理エンジンは「メタブレイン・プロ」を搭載し、視聴環境に合わせて画質を自動的に調整する「おまかせドンピシャ高画質」「質感リアライザー」「レグザリンク」など、上位モデルの機能を継承した。

 HDMI入力は3系統。そのほか、D4映像やS2端子を含む3系統のビデオ入力端子を備えている。付属のリモコンは、チャンネルボタンなど使用頻度の高いボタンを大きく配置した「シンプルレグザリモコン」だ。

 外形寸法は、スタンド込みで786(幅)×574(高さ)×266(奥行き)ミリ。重量は13キログラム。画面は左右15度のスイーベル機能により、見やすい角度に向きを変えることができる。

関連キーワード

REGZA | 東芝 | スピーカー


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう