ニュース
» 2010年01月08日 16時02分 UPDATE

ビクター、4chフロントサラウンド搭載の一体型ホームシアターシステム「TH-BA10」

日本ビクターは、独自の4ch独立駆動サラウンドシステムを採用した一体型ホームシアターシステム「TH-BA10」を発表した。

[ITmedia]
photo TH-BA10

 日本ビクターは1月8日、フロントサラウンドシステム搭載の一体型ホームシアターシステム「TH-BA10」を発表、2月上旬より発売する。価格はオープン、予想実売価格は2万6000円前後だ。

 TH-BA10は、幅900ミリの横長筐体に8センチ径スピーカー4基を内蔵したフロントサラウンドシステムで、従来モデル「TH-BA1」からサブウーファーを省略したモデル。サラウンドは独自の4ch独立駆動システムを採用し、ドルビーデジタル/DTS/AAC/リニアPCMに対応する。また2chステレオのコンテンツもマルチチャンネルとして楽しむことが可能だ。

 入力端子は光デジタル×2、アナログ×1を装備。本地サイズは900(幅)×95(奥行き)×125(高さ)ミリ、重量は3.5キロ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.