ニュース
» 2010年01月19日 15時09分 UPDATE

TOYフォーラム2010:もう指先に油はつかない、ながら食べ支援ツール「ポテチの手」

ポテトチップスを食べながら仕事をしていると、指先についた油や青のりが気になって作業が進まない。そんな、ポテチ好きの抱えるジレンマを一掃する画期的なアイテムが登場する。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 ポテトチップスを食べながら仕事をしていると、指先に付いた油や青のり(のり塩の場合)が気になってキーボードやマウスを操作しにくい。しかし、いちいちティッシュで拭くのは面倒くさい。誰もが一度は経験したことのあるジレンマを、見事に解決してくれるアイテムが6月に登場する。

photo タカラトミーの「ポテチの手」(写真はコンソメタイプ)

 タカラトミーが「TOYフォーラム2010」で参考展示した「ポテチの手」は、ポテトチップス専用のマジックハンドだ。柄の部分にある「指可動スイッチ」を押すと、人さし指と親指を模した「フィンガーパーツ」がポテチをつまみあげ、そのまま口まで一直線。自分の指先を汚すことなく、仕事中でも気兼ねなくポテチをほおばることができる、いわば“ながら食べ”ソリューションといえる。

photophoto 人さし指と親指を模した「フィンガーパーツ」が器用にポテチをつまみあげる(左)。ぱくり(右)

 外観はいたってシンプルだが、実はポテトチップスに最適化された独自技術がふんだんに盛りこまれているという。例えば、壊れやすいポテチを適度な圧力でつまむため、指先には「NBCS」(No Broken Clutch System:対象物破壊防止クラッチ機構)と呼ばれるクラッチ機構を搭載。これにより、大きなポテチも小さなポテチも、その形状を保ったまま口に運ぶことができる。

 ただし、マジックハンドであってもポテチをつまめば指先に油や塩が付着することは避けられない。このため、「FECS」(Finger Easy Cleaning System:簡易指先クリーニング機構)という専用の洗浄機能も備えた。

 FECSは、柄の部分にある指可動スイッチを前後にスライドさせると作動する(人力)。マジックハンドの親指と人さし指が左右にぷるぷると動き、付着したポテチの粉を落とす仕組みだ。同製品のマーケティングを担当するタカラトミーの高橋英之氏によると、「ポテチの粉や塩を落とすとき、指をこすり合わせる動作を忠実に再現している」という。ちなみに、指をこすり合わせるときを狙ってティッシュを挟めば、油をふき取ることもできるという優れモノだ。

photophoto 指可動スイッチを前後にスライドさせると(人力)、マジックハンドの指先が左右にこすりあわされる

 「もう、マウスやキーボードが油でテカテカになることはありません。ポテチを“ながら食べ”したい、すべての人たちに使ってほしい」(高橋氏)。

 「ポテチの手」は、柄とスイッチの色が薄めの「しおタイプ」、茶色っぽい「コンソメタイプ」、緑色の「のりしおタイプ」の3種類をラインアップ。2010年6月に各699円で発売予定だ。

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.