ニュース
» 2010年01月28日 11時05分 UPDATE

スタンダード機もLED:シャープ、ムーブセンサー搭載の“LED AQUOS”第2弾

シャープは、“LED AQUOS”の第2弾となる「Sシリーズ」10製品を2月中旬から順次発売する。40V型以上には、UV2Aパネルを採用。

[ITmedia]

 シャープは1月28日、“LED AQUOS”の第2弾となる「Sシリーズ」10製品を発表した。42V型から52V型まで4サイズをラインアップ。このうち40V型以上のSE1ラインには、UV2Aパネルと直下型LEDバックライトを採用している。価格はすべてオープンプライスで、2月15日から順次発売する予定だ。

photophoto “LED AQUOS”の第2弾となる「Sシリーズ」(左)。46V型の「LC-46SE1W」(右)
型番 LC-52SE1B/W LC-46SE1B/W LC-40SE1B/W LC-32SC1B/W/R
画面サイズ 52V型 46V型 40V型 32V型
パネル解像度 フルHD(1920×1080ピクセル) WXGA(1366×768ピクセル)
カラーバリエーション ブラック/ホワイト ブラック/ホワイト/レッド
実売想定価格(オープン価格) 35万円前後 28万円前後 18万円前後 11万円前後
発売日 2月15日 2月20日

LX1と同等の画質にセンサーを搭載、「SEライン」

 「DS6」シリーズの後継となるスタンダードモデルながら、昨年末に登場した「LX1ライン」と同じUV2AパネルとLEDバックライトを採用してスペックの底上げを図った製品。ダイナミックコントラストは200万:1。倍速駆動とバックライトスキャンと組み合わせた「高画質Wクリア+LEDスキャン倍速」も搭載しており、映像処理エンジンも上位モデルと同じ「高画質マスターエンジン」だ。「基本的にはLX1と同等の画質」(シャープ)という。

 LX1シリーズとの違いは、地上/BS/CS110度デジタルチューナーが1系統であることと、内蔵スピーカーがアンダータイプになっていること。そして内部回路の見直しやバックライトモジュールの効率アップにより、さらに省エネを進めたことが挙げられる。消費電力は同サイズのDS6ラインに比べて30%以上、LX1ラインと比較しても10%以上削減した。

 節電とユーザービリティーの向上を目指した新機能も追加した。例えば、フロントパネルには新たにセンサーを搭載。テレビの前から人がいなくなったことを感知して節電モードへ移行する「ムーブセンサー」機能をはじめ、人を検知すると自動的にクイック起動をオンにしてテレビの起動時間を短縮する「オートクイック起動」、人のいない状態で室内照明が消えると自動的に電源をオフにする「照明オフ連動」など多彩な節電機能を実現している。さらにリモコンには1プッシュで節電モードに切り替わる「セーブモード」ボタンを装備。テレビを“ながら見”しているときなどに便利だという。

photophoto 画面下部中央にムーブセンサーを搭載(左)ムーブセンサーの設定では、節電画面に映像を表示するか、節電画面への移行時間、電源オフまでの時間などきめ細かく設定できる(右)

 ユーザーの視聴履歴を記憶・参照して“いつも見ている番組”をワンタッチで選局できる「常連番組」ボタンもユニークだ。例えば、テレビ視聴中にリモコンの「常連番組」ボタンを押すと、放送中の番組からよく見る番組を自動的に選局してくれる。それがない場合は同じジャンルの番組を自動的に選び出す仕組み。テレビが選択した番組をEPG(電子番組表)の左端に一覧表示することも可能で、常連番組が時系列で並ぶため、「あたかも自分専用の放送局のように利用できる」(同社)という。

 このほか、LX1シリーズに採用された自動画質調整機能「好画質センサー」「AQUOSファミリンクII」などをサポート。新たにHDMI 1.4の仕様に含まれるコンテンツタイプ連動に対応し、同機能対応のソース機器と組み合わせた場合には、HDMIケーブルを介してコンテンツの種類を判別して映像/音声モードを自動的に切り替える。また、HDMIの入力切替にかかる時間を短縮する「InstaPort」にも対応している。

 HDMI入力は3系統。ほかにD5入力を2系統、S2ビデオ、3系統のコンポジットビデオ、アナログRGBなどを備えている。

32V型にもLEDバックライト、「SC1」ライン

 SC1シリーズは、32V型のWXGA(1366×768ピクセル)パネルにLEDバックライトを採用したモデル。SE1ラインと異なり、倍速駆動や「好画質センサー」は搭載していないが、センサー連動や常連番組機能は同じだ。

photo 32V型の「LC-32SC1B」

 HDMI入力は3系統。ほかにD5入力を2系統、S2ビデオ、3系統のコンポジットビデオ、アナログRGBなど。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう