ニュース
» 2010年01月29日 16時11分 UPDATE

スピーカーを薄くする新方式、東北パイオニアが開発

東北パイオニアは1月29日、スピーカーの著しい薄型化を可能にするという「HVT方式」技術を発表した。HVT方式は、Horizontal-Vertical Transformingの略。

[ITmedia]
photo HVT方式スピーカーの試作機

 東北パイオニアは1月29日、スピーカーの著しい薄型化を可能にする「HVT方式」を発表した。HVT方式は、Horizontal-Vertical Transformingの略。ボイスコイルなど駆動力の水平運動を垂直方向に変換することで、スピーカーユニットの大幅な薄型化と低振動化が可能になるという。

 一般的にスピーカーの厚みは、コーン紙の深さ、ダンパーネック下のクリアランス、ボイスコイルの巻き幅、ボイスコイル下のクリアランス、磁気回路の厚みを足し合わせた寸法となっている。この構造のまま薄型化を行うと、クリアランスが不足してコーン紙が振幅した際に底あたりしたり、エッジやダンパーが突っ張ってゆがみが生じるといった欠点があったという。

photo HVTスピーカーの動作原理(出典は東北パイオニア)

 これに対し、HVT方式では、「ボイスコイルなど駆動力の水平運動を垂直方向に変換するリンク機構をスピーカーユニット内部に取り入れる」という発想。振動板の背面側に駆動源(マグネットやボイスコイル)を置く必要がなくなるため、無理なくスピーカーを薄型化できる。

photo 従来型との比較。駆動源を振動板の背後に置く必要がなくなり、大幅な薄型化が可能になる

 駆動源は、振動板のサイドに配置し、リンク機構を介して振動板を振幅させる仕組み。振幅を制限する必要がなく、従来のダイナミック型スピーカーに比べてより低い最低共振周波数のスピーカーユニットを設計できるほか、強力な駆動部(磁気回路・ボイスコイル)を使って従来より小容積のエンクロージャーから豊かな低域再生を可能にするユニットなども製造可能。不要振動も少なく、レスポンスに優れた低域が豊かといった特徴もある。

 東北パイオニアでは、スコットラッセルタイプおよびパンタグラフタイプのリンク機構を取り入れたHVT方式で特許を出願中だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう