連載
» 2010年02月01日 12時00分 UPDATE

本山由樹子の新作劇場:エメリッヒの集大成――「2012」

ローランド“壊し屋”エメリッヒ監督の最後(?)のパニック大作が3月19日にBD+DVDセットで発売。

[本山由樹子,ITmedia]

2012(Blu-ray Disc+DVDセット)

photo

 ハリウッドの人気ジャンル、ディザスター(災厄)映画を長年に渡って引っ張ってきたローランド・エメリッヒ監督の最新作「2012」が3月19日にBlu-ray Disc化。

 BD版にはスタンダード版DVDも収録。価格は3990円。これまでも「BD+DVD」セットとして20世紀フォックスやウォルト・ディズニー・スタジオが試みてきたが、すべて4000円後半でのリリースだったため、今回のソニー・ピクチャーズの3990円は最安値となる。

 特典は「マヤ暦インタラクティブ・ゲーム」、「マヤ暦イントロダクション」、「ローランド・エメリッヒのビジョン」といったピンチャー・イン・ピクチャーのコンテンツ、未公開シーン集、もう1つのエンディング、メイキング・ドキュメンタリー集(世界の終わりの映像化/大作映画の巨匠:ローランド・エメリッヒ/世界の破滅を裏付ける科学/世界の終わりを体験した俳優たち)、ミュージック・ビデオ:アダム・ランバート“Time for Miracles”、BD-LIVE、予告編集、ローランド・エメリッヒとハロルド・クローサー(共同脚本)によるオーディオ・コメンタリーを収録している。封入特典は月刊ムー特別編集による8ページのブックレット。

 かつての「ノストラダムスの大予言」さながらに噂されている2012年の人類滅亡説は、マヤ文明の暦が2012年12月21日で終わっていることに端を発している。研究者たちは大地震の発生、氷河期の到来などさまざまな説を主張。本作は、このマヤ文明にインスパイアされたものだ。

 2009年、太陽系の惑星が直列し、太陽が活発化。地質学者のエイドリアン(キウェテル・イジョフォー)は、地球の核の温度が急上昇していることを知る。彼はアメリカ政府に2012年に地球が滅亡すると予告。これを受け、各国首脳陣は密かに脱出用の巨大船を建造する。2012年、売れない作家のジャクソン(ジョン・キューザック)は別れた妻の元で暮らす2人の子供を連れてイエローストーン国立公園にキャンプへ。そこで謎の男チャーリー(ウディ・ハレルソン)から地球終末の話を聞く。最初は半信半疑だったが、まさにその時、ロスで大地震が発生し……。

 「インデペンデンス・デイ」ではホワイトハウスをぶっ壊し、「デイ・アフター・トゥモロー」では世界を氷結させ、壊し屋の異名をとるローランド・エメリッヒ監督。今回もさまざまな場所、いろいろな物を(楽しそうに)壊しまくっている。

 マグニチュード10以上の大地震によってロスは街ごと海に沈み、イエローストーン公園は火山大噴火でのみ込まれ、リオデジャネイロのキリスト像といったモニュメントも崩壊、ヒマラヤには大津波が押し寄せる。なお、VFXを担当したのは特撮スタジオの名門、デジタル・ドメインだ。

 「人物描写もウリ」というが、そのあたりの甘さはエメリッヒならでは。そもそもこの映画に人物描写やストーリーを求めるのはナンセンス。その分、映像の破壊力は文句なし。2012年の地球滅亡を信じるも、信じないも、あなた次第。とりあえず、これがラストのディザスター・ムービーと公言しているエメリッヒの入魂の大作を、できるだけ大画面&大音量で体感しよう。

関連キーワード

Blu-ray | 映画


2012(Blu-ray Disc)
発売日 2010年3月19日
価格 3990円
発売元 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
販売元 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
スタッフ 監督・脚本:ローランド・エメリッヒ
出演 ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート
上映時間 158分(本編)
製作年度 2009年
画面サイズ シネスコ
ディスク仕様 片面2層/2枚組
音声 (1)DTS-HDマスター・オーディオ/5.1chサラウンド/英語 (2)DTS-HDマスター・オーディオ/5.1chサラウンド/日本語
特典 マヤ暦インタラクティブ・ゲーム/マヤ暦イントロダクション/ローランド・エメリッヒのビジョン/未公開シーン集/もう1つのエンディング/メイキング・ドキュメンタリー集/ミュージック・ビデオ/予告編集/BD-LIVE

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう