ニュース
» 2010年02月02日 20時25分 UPDATE

高コントラスト:富士フイルム、新パネル搭載のデジタルフォトフレームを発表

富士フイルムは、LEDバックライトを採用したデジタルフォトフレーム3機種を2月20日に発売する。最上位モデルのDP-1020SHは、シャープが新開発したという「新モード液晶」を搭載。

[ITmedia]

 富士フイルムは2月2日、LEDバックライトを採用した省エネ設計のデジタルフォトフレーム3機種を発表した。7型、8.5型、10.2型の3サイズを用意。いずれもCCFLバックライトの従来機種に比べ、消費電力を約2分の1に抑えたという。2月20日に発売する予定で、価格はオープンプライス。店頭では7型の「DP-700SH」が1万8000円前後、8.5型の「DP-850SH」が2万8000円前後、10.2型の「DP-1020SH」は4万円前後になる見込みだ。

photo コントラスト2000:1を実現した「DP-1020SH」

 最上位モデルのDP-1020SHは、シャープが新開発したという「新モード液晶」の10.2型パネルを採用(1024×600ピクセル)。従来比2倍となる2000:1のコントラストを実現した「超高画質タイプ」(同社)だ。表面にはアンチグレア処理を施して映り込みを抑制。富士フイルムでは、「深みのある黒の再現を可能にし、くっきり・鮮やかなデジタル写真を観賞できる」としている。

 一方、DP-850SHとDP-700SHは、シャープのASV液晶パネルを採用。コントラスト比は1000;1で、DP-850SHにはアンチグレア処理を施した。

photophoto 「DP-850SH」(左)と「DP-700SH」(右)。どちらもブラックとホワイトの2色を用意した

 静止画再生では、フォルダごとのインデックス表示やスライドショー再生を可能にする「フォルダ絞り込み機能」のほか、電源を入れるとお気に入りの画像を表示する「お気に入り画面登録機能」、設定した日時になるとあらかじめ設定した画像をスライドショー再生する「記念日お知らせ機能」などを搭載。また上位2機種(DP-1020SH、DP-700SH)については、音声付きの動画再生やBGM付きのスライドショー再生にも対応した。動画はMotion-JPEG、MPEG-4 SP、音楽ファイルはWAVとMP3をサポートする。

 このほか3モデル共通の機能として、周囲が暗くなると自動的に電源をオフにする「明るさセンサー」、本体の設置された向きを判別して画像を自動回転する「自動縦横判別機能」、カレンダー、時計表示などを搭載している。

 そのほかの主な仕様は下表の通り。

型番 DP-1020SH DP-850SH DP-700SH
画面サイズ 10.2型 8.5型 7型
解像度 1024×600ピクセル 800×480ピクセル
内蔵メモリ 2Gバイト 1Gバイト
動画、音声ファイル再生  
ステレオスピーカー  
スロット1 SDメモリーカード/メモリースティック/xD-ピクチャーカード
スロット2 コンパクトフラッシュ
インタフェース miniUSB(Bタイプ)
本体サイズ(幅×高さ×奥行き) 約300×206×245ミリ 約262×187×245ミリ 約214×144×245ミリ
重量 約835グラム 約740グラム 約430グラム
実売想定価格 4万円前後 2万8000円前後 1万8000円前後
発売日 2月20日

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう