連載
» 2010年02月15日 08時55分 UPDATE

本山由樹子の新作劇場:少女の悪魔的な本性が明らかに――「エスター」

ある一家の養女に迎えられた孤児の美少女は、裏の顔を持っていた……。ホラー専門のダークキャッスルが放つ衝撃作。

[本山由樹子,ITmedia]

エスター(Blu-ray Disc)

photo

 ロバート・ゼメキスとジョエル・シルバーが設立したダークキャッスル・エンタテインメント(「ゴーストシップ」「リーピング」「ゴシカ」)が放つサスペンス・ホラー「エスター」が3月10日にBlu-ray Disc化。特典は「ママの小さな悪魔たち」と「未公開シーン集〜もうひとつのエンディング」を収録している。

 3番目の子供を死産したことで悪夢にうなされ続ける妻ケイト。彼女の心の傷を少しでも癒し、夫婦関係を修復しようと、夫ジョンは養子を迎えることに。訪れた地元の孤児院で、彼らはエスターという9歳の美少女を気に入り、温かく家に迎え入れる。しかし、それが悲劇の始まりだった。

 礼儀正しいエスターはクラシックな服を好み、絵と音楽の才能に恵まれているが、どこか変わっていた。しばらくして、前の里親の不可解な死にエスターが関わっているかも、と忠告しにきたシスターをエスターは惨殺する。そして、彼女は本性をむき出しにしていく。実の息子や娘、そしてケイトはエスターの「おかしさ」にいち早く気がつくが、夫のジョンだけはアルコール依存症だった妻の妄想だと言って一向に取りあわない。果たして、一家は生き延びることができるのか?

 監督は「蝋人形の館」のジャウム・コレット=セラ。製作にはレオナルド・ディカプリオが名を連ねている。妻ケイトに「縞模様のパジャマの少年」「マイレージ、マイライフ」のベラ・ファーミガ、鈍感な夫ジョンに「フライトプラン」「17歳の肖像」のピーター・サースガード。TVドラマ「ゴースト?天国からのささやき」でヤング・アーティスト賞にノミネートされた12歳の新鋭イザベル・ファーマンが、無気味な笑みを浮かべるエスターを怪演している。

 サイコ・ホラーものに食傷気味でも、おそらく本作は楽しめるはず。よくある「オーメン」系のチャイルド・ホラーかと思って油断していたら、最大のウリであるどんでん返しには「この手があったのか」と本当にビックリ。心臓が止まる怖さというよりも、もの悲しさが心に残る。エスターの正体に気づかない夫の姿にイライラを募らせながら、エスターが一家をどん底に突き落とすお約束の展開と彼女の衝撃の正体を、とくとご覧あれ。ちなみに原題の「ORPHAN」は孤児の意味。

関連キーワード

Blu-ray | 映画


エスター(Blu-ray Disc)
発売日 2010年3月10日
価格 4980円
発売元 ワーナー・ホーム・ビデオ
販売元 ワーナー・ホーム・ビデオ
スタッフ 監督:ジャウム・コレット=セラ
出演 ベラ・ファーミガン、ピーター・サースガード、イザベル・ファーマン
上映時間 123分(本編)
製作年度 2009年
画面サイズ ビスタ
ディスク仕様 片面2層
音声 (1)ドルビーTrueHD/5.1ch/英語 (2)ドルビーデジタル/5.1ch/英語 (3)ドルビーデジタル/5.1ch/日本語
特典 ママの小さな悪魔たち/未公開シーン集〜もうひとつのエンディング

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう