ニュース
» 2010年02月15日 14時38分 UPDATE

ギミック満載:なんだかすごいR/C「スーパーショベル」、CCPが発売

工事車輌の動きや音をリアルに再現。アームの昇降や“超信地旋回”が楽しめるR/Cのショベルカーが登場した。

[ITmedia]

 シー・シー・ピーは2月15日、建設車の操縦を楽しめる「R/C建設車」シリーズ第1弾「スーパーショベル」を発表した。2月末に発売する予定で、価格は5229円。

photo R/C建設車シリーズ第1弾「スーパーショベル」。車輌は全長40センチ。コントローラもでかい

 前進、後進、左右回転に加え、左右のクローラーを同速度で反対に回転させることで、その場で車輌の向きを変える“超信地旋回”(ちょうしんちせんかい)やコックピット部だけを左右に回転させることが可能。アームの昇降はもちろん、工事車両ならではの動きを忠実に再現した。

 音と光のギミックも満載。ヘッドライトやテールライトの点灯/消灯のほか、エンジン始動/停止音、後進時に発する警告音、コックピット回転時のアイドリング音、アームの稼働音などが楽しめる。ボタン操作でクラクションを鳴らすことも可能だ。

 操作可能距離は約5メートル。使用周波数は27MHz。また車輌とコントローラーの裏側にあるチャンネルセレクターで使用チャンネルを切り替えることで、最大3台を同時に動かして遊ぶことができる。電源は、車輌本体が単三形乾電池4本、コントローラーは単三形乾電池3本。

 なお、シー・シー・ピーのWebサイトでは、スーパーショベルの動画を公開している。

photo 写真はイメージです

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.