ニュース
» 2010年02月18日 22時42分 UPDATE

東芝ライテック、価格を抑えたLED電球4機種を発表

東芝ライテックは、「E-CORE」(イー・コア)LED電球シリーズの新製品として、「一般電球形6.4W」「一般電球形4.6W」など4機種を3月5日に発売する。

[ITmedia]
photo 「E-CORE」シリーズの新製品

 東芝ライテックは2月18日、「E-CORE」(イー・コア)LED電球シリーズの新製品として、「一般電球形6.4W」「一般電球形4.6W」など4機種を発表した。従来機より価格を下げ、「白熱電球からLED照明への移行をさらに促進する」(同社)という。3月5日に発売する予定だ。

 構造部品の見直しなどにより大幅な製造コスト削減を達成。従来の同等品に比べ、希望小売価格を23〜24%の低価格化を実現した。例えば、一般電球形6.4Wは4200円、一般電球形4.6Wは3990円。

 「全光束がほぼ同等の一般白熱電球から置き換えた場合、初期費用の差額をランニングコスト(電気料金+取り替え用の白熱電球)で償却するのに、従来品では約4年かかるが、新商品では約3年となる」(同社)。

 口金はすべてE26。寿命は従来品と同じ約4万時間。一般電球形4.6Wは密閉型の照明器具にも対応した。そのほかの主な仕様は下表の通り。

型番 希望小売価格 光源色 定格消費電力 全光束 平均演色評価数
LDA6L 4200円 電球色相当 6.4ワット 330ルーメン 80Ra
LDA6N 4200円 昼白色相当 6.4ワット 520ルーメン 70Ra
LDA5L 3990円 電球色相当 4.6ワット 240ルーメン 80Ra
LDA5N 3990円 昼白色相当 4.6ワット 350ルーメン 70Ra

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう