レビュー
» 2010年02月26日 19時40分 UPDATE

これは安いかも:4入力、2出力のHDMIセレクター「DN-HDMI423」を試す

BDレコーダーにゲーム機など、とにかく増え続けるHDMI対応機器。そろそろテレビの背面端子がいっぱいになり、困っている人も多いのではないだろうか。そんな人に安価なHDMIセレクターを紹介しよう。

[芹澤隆徳,ITmedia]
photo エバーグリーンの「DN-HDMI423」

 Blue-ray Discレコーダーにゲーム機、PCなど、とにかく増え続けるHDMI対応機器。そろそろテレビの背面端子がいっぱいになり、困っている人も多いのではないだろうか。

 エバーグリーンの「DN-HDMI423」は、4つの入力と2つの出力を備えたHDMIセレクターだ。機能が単純な割に高価というイメージのあるHDMIセレクターにあって、2つの出力を持ちながら1万円を切る価格(9999円)を実現している。しかも、入力と出力の組み合わせを自由に切り替えられるマトリクス型を採用。さらに2つの画面に同じ映像と音声を出力できるスプリッター機能まで付いているという。

 実はこの製品、同社直販サイト「上海問屋」で2009年の年末に発売して以来、すぐに人気が出てしばらく在庫切れになっていたモノ。それが最近になって再入荷されたので、さっそく入手したというわけだ。

 わが家の場合、Blu-ray Discレコーダーをはじめ、ケーブルテレビのSTB、ゲーム機などでAVアンプの背面はもう一杯。しかもAVアンプにHDMI出力が1系統しかないため、プロジェクターを使用する場合はテレビからケーブルを差し替えるという、非常にまどろっこしいシステムになっていた。最近ではHDMI出力を2系統備えたAVアンプも安くなっているが、1年ほど前までは高級機にしか付いていなかったのだ。

 さっそく届いたパッケージを開けてみると、コンパクトな黒い本体とACアダプター、小さなリモコン、そして2本のHDMIケーブルが入っていた。HDMIケーブルは、安いものでも1000円程度はするから、なんだか得をした気分だ。

photophoto

 黒い本体はアルミニウム製で、サイズは168(幅)×75.5(奥行き)×25(高さ)ミリ。AVラックのすき間に無理なく設置できる大きさだ。ACアダプターが小さい点もポイント。普通の電源タップに無理なく接続できた。

photo ACアダプターは小さくて使いやすい

 背面には4つのHDMI入力と2つのHDMI出力が並ぶ。それぞれのHDMI端子は1センチほどの間隔があり、よほど太いケーブルを使わない限り、隣のケーブルと干渉することはないはずだ。設置性は上々といえる。

 本体の向かって左側面には角形の光デジタル音声出力(S/PDIF)、右側面にはUSBポートを備えている(ただし、USBポートは使用できない)。フロントパネルには、2つのHDMI出力にどの入力を割り当てるかを指示するボタンと、何が選択されているかを示すLEDが並んでおり、視認性も悪くない。

 では、すべてのHDMI端子に機器をつなぎ、切り替えてみよう。本体の操作ボタンは、押すたびに入力1〜4まで順番に切り替わるトグル式。一方のリモコンではそれぞれの出力に対して1〜4の入力をダイレクトに選択できるのがうれしい。ボタンを押してからテレビの画面が切り替わるまでには3〜4秒かかったが、ストレスがたまるほどではない(切り替え時間は接続した機器の性能にもよるため、参考程度に考えてほしい)。

photophoto HDMI端子は適度に離れており、干渉することはない(左)。側面にはSPDIF端子(角形光デジタル出力)を備えている

 また、1つの入力を2つの画面に同時出力する場合も、それぞれの出力に同じ入力を割り当てるだけ。一般のご家庭でどれだけニーズがあるか分からないが、いとも簡単に同じ画面が表示された。

 気になるのは、HDMI CEC(ビエラリンクなどのHDMIリンク機能)の信号が伝送できるかという点だろう。実際に試してみると、選択中のHDMI入力と出力の組み合わせに限られるものの、テレビ側からレコーダーの番組表一覧を呼び出したり、再生操作などは問題なく行うことができた。

 ただし、高機能なAVアンプと違ってセレクター自体にHDMI CECに対応する機能はない。このため、選択していない入力機器でBD再生を始めたり、録画番組一覧を表示しても、入力を自動的に切り替えてくれることはなかった。

 もう1つ気になっていた側面のS/PDIF端子は、HDMI出力1(OUT1)に連動するようだ。リモコンで出力1に対する入力機器を切り替えると、しっかり追従して音声出力も切り替わる。HDMI端子を持たないプリメインアンプや古いAVアンプと組み合わせる場合などにも便利に使えそうだ。

 もともと機能が単純なこともあるが、抑えるべきところをおさえていて、これといった欠点が見つからない「DN-HDMI423」。それが1万円を切る価格なら、お買い得感はかなり高い。人気が出るのも当たり前といえそうだ。あえて難点を挙げるなら、光出力端子も背面にあると設置性がさらに上がること、そして謎のUSB端子が気になるという点か……。

製品型番 DN-HDMI423
HDMI規格 Ver.1.3
対応解像度 480i、480p、720i、720p、1080i、1080p
本体サイズ 168(幅)×75.5(奥行き)×25(高さ)ミリ
重量 234グラム
電源 ACアダプター(DC5V1A)
付属品 英語マニュアル、HDMIケーブル×2本(1.8メートル)、リモコン、ACアダプター
価格 9999円(別途送料399円が必要)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.