ニュース
» 2010年03月03日 12時28分 UPDATE

三菱、消エネ性能を向上したハイビジョン液晶テレビ「REAL」MXシリーズ3製品を発売

三菱電機は、液晶テレビ「REAL」MXシリーズの新モデル計3製品を発表した。

[ITmedia]
photo LCD-32MX45(左)、LCD-32MX40(中)、LCD-26MX45(右)

 三菱電機は3月4日、液晶テレビ「REAL」MXシリーズの新モデル計3製品を発表。3月15日より順次販売を開始する。ラインアップは、32V型モデルの「LCD-32MX45」「LCD-32MX40」、26V型モデルの「LCD-26MX45」で、価格はいずれもオープン。

 3製品はいずれも、1366×768ドット表示対応パネルを採用した液晶テレビで、地上/BS/110度CSデジタル放送に対応したモデルだ。

 液晶パネルには、高効率バックライトの採用により消費電力を削減した「ECOパネル」を採用。省エネ効果を画面上で確認できる「ECOメーター」「ECOモニター」機能なども備えている。

 番組とCMとの切り替わり時や、入力ソース変更時に変化する音量を自動調整する「おすすめ音量」機能を装備。また、LCD-32MX45/LCD-26MX45の2モデルはリモコン操作で画面の左右角度を変えられる「オートターン」機能も搭載した。入力インタフェースはHDMI×3、D4入力×1、アナログD-Sub×1などを備えている。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.