ニュース
» 2010年03月10日 15時43分 UPDATE

“REGZA”にちょうどいいカートリッジ型HDD、アイ・オーから

アイ・オー・データ機器は、東芝“REGZA”の録画用HDDとして、カートリッジタイプの「REC-iN」(レック・イン)シリーズを発表した。

[ITmedia]
photo 「REC-iN」のカートリッジとアダプターを接続したところ。アダプター使用時はUSBバスパワーで駆動する

 アイ・オー・データ機器は3月10日、東芝“REGZA”の録画用HDDとして、カートリッジタイプの「REC-iN」(レック・イン)シリーズを発表した。ラインアップは、500Gバイトのメディアカートリッジ「RHDM-500」(1万2500円)、500Gバイトカートリッジとアダプターのセット「RHDM-U500」(1万5400円)、アダプター単体「RHDM-US/EX」(4700円)の3製品。3月下旬に出荷を開始する。

 REC-iNは、2.5インチHDDを使用する独自のカートリッジ規格。カートリッジやコネクタの形状はiVDR-Sと共通ながら、著作権保護技術のSAFIAなどを省くことなどで価格を抑えた。あわせてREC-iNを外付けのUSB HDDとして利用するアダプターを用意し、PCや東芝“REGZA”シリーズの録画用HDDとして訴求する。「REC-iNを複数用意すれば、VHSテープ感覚で番組をジャンル別やユーザー別に録り分けることができる」(同社)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.