連載
» 2010年03月15日 11時00分 UPDATE

本山由樹子の新作劇場:信じるか信じないかは、あなた次第――「THE 4TH KIND フォース・カインド」

ミラ・ジョヴォヴイッチ主演による衝撃の超常現象ドキュメンタリーが4月21日にBD化。「すべて真実」と疑わないで見るべし。

[本山由樹子,ITmedia]

THE 4TH KIND フォース・カインド(Blu-ray Disc)

photo

 ミラ・ジョヴォヴィッチ主演のショッキング・スリラー「THE 4TH KIND フォース・カインド」が4月21日にBlu-ray Disc化。特典は未公開シーン、ミラ・ジョヴォヴィッチのインタビュー、オリジナル劇場予告編、TVスポットなどを収録。初回生産分には解説付きの16ページブックレットが封入される。

 2000年10月、アラスカ州北部の町ノーム。心理学者アビゲイル・タイラー博士のもとに、不眠症を訴える住民が次々と訪れる。「白いフクロウが自分を見ている」とおびえ、一様に同じ症状を訴える患者たち。タイラー博士は、彼らが眠れない理由を催眠療法で解明しようとしていた。治療の様子を録画したカメラには、古代の言語の音声とともに、この世のものとは思えない恐ろしい映像が残されていた……。

 これまで多数の住民が行方不明になり、1960年代以降、FBIによる訪問が2000回を越えるというノーム。本作は、65時間以上あるという記録映像及び音声のほんの一部を用いながら、怪奇現象に迫る。モデルになった人の「実際」の映像と、ミラ・ジョヴォヴィッチら役者が演じる「再現」映像がごちゃ混ぜになっていて、その斬新なアイデアがウリ。

 記録映像はザラつき不鮮明な分、要所で声を上げそうになるほど不気味。タイラー博士は夫の謎の死と、娘の失踪、息子との不和で神経衰弱ギリギリだが、自分の体験した「あること」を信じ研究を続けている。記録映像に出てくるタイラー博士本人の絶望的な表情が印象的である。「あること」については伏せるが、ヒントは映画「未知との遭遇」の原題「CLOSE ENCOUNTERS OF THE THIRD KIND」。「サード・カインド」とあるから、本作「フォース・カインド」はそれより先を行っているというわけ。

 ドキュメンタリー的な見せ方をしておいて、「これを信じるか、信じないかはあなた次第」と放り投げる手法にはやや疑問を抱く。「信じるか、信じないか」と問われれば「信じない」派で、この記録映像自体がよくできたフェイクだと思う(自分の心の狭さを実感)。とはいえ、この種の映画としては非常にインパクトがあり、最後まで引き込まれてしまった。タイラー博士を演じるミラも控えめの演技で健闘している。

 とにかく疑わず、「これは真実」と思って見たほうが確実に楽しめます。

関連キーワード

Blu-ray | 映画


THE 4TH KIND フォース・カインド(Blu-ray Disc)
発売日 2010年4月21日
価格 4980円
発売元 ワーナー・ホーム・ビデオ
販売元 ワーナー・ホーム・ビデオ
スタッフ 監督:オラトゥンデ・オスンサンミ
出演 ミラ・ジョヴォヴィッチ、ウィル・パットン
上映時間 99分(本編)
製作年度 2009年
画面サイズ シネスコ
ディスク仕様 片面2層
音声 (1)DTS-HDマスター・オーディオ/5.1chサラウンド/英語 (2)DTS-HDマスター・オーディオ/5.1chサラウンド/日本語
特典 未公開シーン/ミラ・ジョヴォヴィッチインタビュー、オリジナル劇場予告編/TVスポット

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう