ニュース
» 2010年03月15日 11時00分 UPDATE

“できる録画テレビ”が進化:日立、超解像に2番組録画の「XP05」シリーズを発表 (1/2)

日立製作所は、薄型テレビ“Wooo”の新製品「XP05」を発表した。超解像技術の搭載にくわえ、デジタル放送の2番組同時録画など機能面を大幅に向上させている。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 日立製作所は3月15日、薄型テレビ“Wooo”の新製品として、「XP05」「HP05」「H05」の3シリーズ17機種を発表した。4月後半から順次発売する予定だ。このうちハイエンドモデルにあたるXP05シリーズは、超解像技術の搭載にくわえ、デジタル放送の2番組同時録画など機能面を大幅に向上。4月から順次発売する。

photo 「XP05」シリーズの50V型

 “できる録画テレビ”をうたう同社は、2010年春モデルにあたる新シリーズで自社の強みを強化し、さらに電子番組表やリモコンの改良により、“人に優しいテレビ”を目指す。ラインアップは、プラズマパネルを採用した50V型、46V型、42V型と液晶パネルの37V型、32V型の計5機種。プラズマでは前面フィルターと一体化した新しい「フルHD ダイナミック・ブラックパネル2」を採用することで、外光の内部反射を抑え、黒の表現力をさらに向上させた。一方の液晶モデルは、表面に光沢処理を施した新IPS αパネルを採用し、色の再現性と黒の締まりをアップしている。

 注目の録画機能では、地上デジタルチューナーを3系統、およびBSデジタル/CS110度デジタル放送チューナーを2系統搭載。2つの番組を同時録画しながら、さらに別の番組を視聴できる構成になった。

 もちろん加ViXS Systemsのトランスコード/トランスレートチップ「XcodeHD」の搭載により、最大8倍の長時間録画が可能。ハイビジョン録画モードは、2倍、4倍、8倍の3つが用意され、内蔵の320GバイトHDDに最長約256時間の録画が可能になる。また、Woooシリーズの特徴である「iVポケット」も引き続き搭載。市販のiVDR-S(カートリッジHDD)を使用して、手軽に録画容量を増やしたり、内蔵HDDからダビングして録画番組をライブラリー化するといったことが可能だ。

 これまでデザイン優先で小さくなり続けてきた内蔵スピーカーをあえて大きく、しかも正面を向けて思い切りよく配置した点も大きな特徴だ。それをパンチングアルミでカバーすることで、デザイン上のアクセントとした。さらに家族など複数の人数で視聴することを想定し、信号処理によってスイートスポットを拡大するイコライジング技術「CONEQ」を採用している。

photophoto あえて大きくしたスピーカーをパンチングアルミでカバー。光沢ブラック筐体(きょうたい)のアクセントになった(左)。家族など複数の人数で視聴することを想定し、イコライジング技術「CONEQ」を採用。信号処理によってスイートスポットを拡大する(右)

 リモコンも新デザイン。大きめのボタンと表記、そして手に持ったときの視距離の誤差を減らすという人間工学的な逆Rカーブによって利用時の使いやすさを向上した。

photophoto ユニバーサルデザインを採用した新型リモコン。大きめのボタンと表記、そして逆Rカーブが特徴(左)。横から眺めると逆Rのカーブがよく分かる(右)

番組を予約すると赤丸?

 新しい電子番組表には、番組をジャンル別に色分けするなど見やすさ重視の改良を加えた。録画予約を行った番組には、まるで新聞に赤鉛筆でチェックを入れたような赤い丸が付くというユニークな演出も用意。親しみやすいユーザーインタフェースでファミリー層に訴求する。

photo 電子番組表。予約した番組に手書き風の赤い丸が付く

 操作にも分かりやすさ重視の変更を加えている。例えば視聴中の番組を録画したいとき。従来機ではリモコンのボタンを1回押すと単純に録画が開始されるだけで、2回押さないと番組終了時に録画も終了する設定にならなかった。新製品では、利用頻度の高さを考慮して、1回録画ボタンを押しただけで番組終了とともに録画が停止するようになっている。

 録画番組一覧の「見る」画面では、番組名による自動フォルダ分け機能「ワケ録」が追加された。「未視聴」「ジャンル」「ユーザー」といった分類と同じ階層に「番組名」が設けられ、この下に番組タイトルごとに録画番組が並ぶ。なお、リモコンと番組表、および「見る」画面では色覚の個人差を問わずに情報の判別が可能になるカラーボタン色を採用しており、NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構による「CUDマーク」を取得している。

 このほか、カーソルが合った項目の機能や使い方の説明を画面内に表示する「ひとことガイド」、大・中・小の3サイズから文字の大きさを選べるなど、使い勝手を向上させる機能を装備。ユーザーの好みで画面の背景色をマイルドグレーもしくはクールブラックから選択できる「GUIスキンチェンジ」も新しい。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.