ニュース
» 2010年03月24日 14時00分 UPDATE

昭和の子どもたちに:あのスリルと興奮をもう一度、「駄菓子屋ゲーム貯金箱」が登場 (1/2)

なつかしい10円玉ゲームをミニチュア化した「駄菓子屋ゲーム貯金箱」がバンダイから発売される。当時の子どもたちが熱中したゲームを絶妙なさじ加減で再現。さあ、腕におぼえがあるなら貯金だ!

[芹澤隆徳,ITmedia]

 子どもたちの社交場“駄菓子屋”。その店頭に必ずあった、10円玉をはじいて遊ぶゲーム機を憶えているだろうか。「10円玉ゲーム」「駄菓子屋ゲーム」など呼び方はさまざまだが、昭和40年代から50年代にかけて全国的に流行し、ピーク時には年間50種類以上のゲームが出荷されたという。30〜40代の読者の方なら、きっとご存じのことだろう。

photo 駄菓子屋の店頭やデパートの屋上にあった10円玉ゲーム。写真は東京都・板橋区にある「駄菓子屋ゲーム博物館」の館内。(記事末に関連情報)

 思い出してほしい。新幹線やスーパーカーをモチーフにした、ちょっと下手な絵が描かれた盤面。その上にコースが作られていて、左右のレバーで10円玉をはじいて最下部のゴールに導くゲームだ。ただし、コースの途中には穴があいていて、ここに10円玉が落ちると即ゲームオーバー。攻略するためには、それなりのテクニックと集中力、そして度胸が必要だった。

 10円玉がゴールに到達すると、ゲーム台から景品交換券やメダルが出てきた。景品といっても、基本的には駄菓子屋にあるものなので、高くても数百円の玩具、安ければ駄菓子かスーパーボールである。それでも、当時の子どもたちは、大切なお金が穴に落ちるかもしれないスリルと、パチンコ気分のゆるいギャンブル性に時を忘れ、レバーを握り続けたものだ。

懐かしいのに新しい、2種類の盤面

 時は流れ、10円玉ゲームどころか駄菓子そのものをあまり見なくなってしまったが、あの興奮をもう一度味わえるレトロな貯金箱が登場する。

photophoto 「駄菓子屋ゲーム貯金箱」と「あたり券」

 バンダイが3月24日に発表した「駄菓子屋ゲーム貯金箱」は、懐かしい外観と当時と変わらないゲーム性を備えたユニークな貯金箱。ホントに10円玉をはじいてゲームができるうえ、ゴールに到達すると「あたり券」が出てくる。この「あたり券」が、硬貨取り出し口のカギになるというのも面白い。

 筐体は、幅が約24.5センチ、高さ約29センチと貯金箱としては大柄で、中には10円玉の場合で約50枚を貯金できる。サイズを考えると貯金額が少ないようにも思えるが、駄菓子屋レートなら大金。500円あれば、1週間は遊んで暮らせるだろう。駄菓子屋で。

 レバーは左右に2つずつ。一般的な10円玉ゲームは左右に3つずつあったものだが、これはサイズ相応のため仕方がない。しかしコースは本格的で、難易度の設定も当時のものに近いという。

photophoto 「新幹線ゲーム」と「FORMULA RACING」の盤面が付属する。好みで入れ替え可能だ

 盤面は、定番の「新幹線」と「フォーミュラカー」が付属している。どちらも昭和の雰囲気を再現しており、例えば新幹線では、“夢の超特急”(もちろん0系新幹線)が、東京から博多まで駆け抜ける様子を味のあるイラストで描いた。ただ、なにやら違和感を覚えるのは、新幹線の「品川」駅があることと、小さく「JR」と書かれていることか……。

関連キーワード

子供 | 貯金箱 | バンダイ | 再現 | 昭和


       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.