レビュー
» 2010年04月02日 13時00分 UPDATE

春の新生活テレビ特集:保険付き録画テレビ? パナソニック“VIERA”「TH-L20R1」 (1/2)

今回は、パナソニックの「RH-L20R1」を取り上げよう。250GバイトのHDDを内蔵した“録画テレビ”にネットワークダビングの機能なども搭載した小型ビエラ。個室や寝室用の2台目ニーズにも合いそうだ。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 新生活の良きパートナーを紹介するパーソナルサイズテレビ特集。今回は、パナソニックの「RH-L20R1」を取り上げよう。R1シリーズは、型番から想像できるように、250GバイトのHDDを内蔵した“録画テレビ”だ。ネットワークダビングの機能も備えているから、新生活のみならず個室や寝室用の2台目ニーズにも合いそうだ。

photophoto 「TH-L20R1」。画面下のLEDは、予約があるとオレンジ、録画中は赤に点灯する

 R1シリーズは、17V型から50V型まで実に7サイズものラインアップがある。このうち、パーソナルサイズに分類される20V型と17V型は、ともにメタルブラックとシャンパンゴールドのカラーバリエーションを用意。今回は、20V型のシャンパンゴールドを試用した。

 まずは外観をチェックする。フレーム部は曲線を多用しており、スタンドも楕円(だえん)形ということもあって、なにやら柔らかそうな印象を受ける。シャンパンゴールドは、照明によってはピンクがかった色に見えるため、女性向きの印象も受けるが、ホワイト系のインテリアには似合いそうだ。

 画面は前に3度、後ろに8度傾けることができる。左右に画面の向きを変えるスイーベルの機能はもっていないが、本体重量は7キログラムなので、必要なら本体ごと動かせばいいだろう。

photophoto リモコンと背面端子

 液晶パネルは、IPS方式のワイドXGA(1366×768ピクセル)を採用している。倍速駆動は搭載していないが、独自の「HDオプティマイザー」などでデジタル放送のMPEGノイズなどを抑え、くっきり見やすい映像を実現していること好感が持てる。IPSならではの視野角の広さも合わせ、画質の印象はかなり良い。

photophoto ユーザーインタフェースのデザインを選ぶことができる(左)。らくらくアイコンで目的別のメニューを表示。親しみやすいインタフェースだ

 録画機能は、BDレコーダーDIGAから一部機能を抜き出したサブセットという印象だ。まず、地上/BS/CS110度デジタルチューナーを2系統備え、テレビ視聴中にも裏番組を録画できる。録画モードは、TS記録の「標準モード」にくわえ、平均ビットレートで約12Mbpsの「長時間モード」(MPEG-4 AVC記録)を用意。DIGAシリーズに比べると画質選択の幅は狭いが、たった1つでも長時間モードがあるとないとでは大違いだろう。標準モードでは内蔵HDDに録画できるのは約33時間(地デジの場合)だが、長時間モードであれば放送波を問わずに約44時間となる。

photophoto 録画モードは、標準と長時間の2種類(左)。電子番組表はGガイド(右)

 EPGはGガイド。目的の番組を選択して、「決定」ボタンを押せば録画の詳細設定が現れるほか、Rシリーズでは番組を選択した状態で「録画」ボタンを押すと、それだけで録画予約が終了する。覚えておくと便利な機能だ。また、Gガイドの提供する「注目番組」に対応しており、従来までの向こう8日間の番組情報に加えて最大1カ月先までの番組を「ジャンル」や「人名」「キーワード」で検索できる。学習機能も搭載しており、視聴履歴を元に、おすすめ番組を1日あたり最大20タイトル表示してくれる。

photo 「探して毎回録画」は、番組表データから番組名をピックアップ。時間変更があった場合でも追従するので便利
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.