ニュース
» 2010年04月08日 17時18分 UPDATE

ドリンクホルダーから車内を音楽で満たすスピーカー、ソニーから

「一見するとまるでタンブラー」――車内での利用に適したウォークマン用スピーカーユニット「RDP-NWV500」をソニーが発売する。

[ITmedia]

 ソニーは4月8日、車内での利用に適したウォークマン用スピーカーユニット「RDP-NWV500」を4月24日より販売開始する。価格はオープンで、実売想定価格は2万円前後。

photophoto 「RDP-NWV500」

 金属製タンブラーのような形状をしており、車のドリンクホルダーへ差し込むことで簡単に固定できる。上部にはツィーターとウーファーを対面配置し、ディフューザーパネルをその間に挟み込んでおり、小型ボディながら360度に広がる音場を実現した。あわせてロングバスレスポートを採用することで低音も確保している。

 自宅利用の際には付属スタンド「ホームステーション」を利用する。ホームステーションからはウォークマンの充電も行える。RDP-NWV500はバッテリーを内蔵していないためアウトドアシーンでの利用には適さないが、パッケージにはホームステーションのほか、シガーライターコードなども付属する。

photophoto 車内および室内での利用イメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう