ニュース
» 2010年05月18日 12時33分 UPDATE

東芝モバイルディスプレイ、クロストーク軽減の3Dメガネ用液晶パネルを開発

東芝モバイルディスプレイは、3D映像のテレビ/映画/ゲームなどの視聴に適した3Dメガネ用液晶パネルを開発した。

[ITmedia]
photo 3D眼鏡用のOCB液晶パネル(フレームは使用例)

 東芝モバイルディスプレイは5月18日、3D映像のテレビ/映画/ゲームなどの視聴に適した3Dメガネ用液晶パネルを開発したと発表。5月25〜27日まで米国シアトルで開催されるSID 2010 International Symposium, Seminar and Exhibitionの東芝ブースで展示する予定だ。

 今年各メーカーから発売される3Dテレビで主流のフレームシーケンシャル方式に対応するもので、ディスプレイが右目用/左目用の映像を交互に表示するのに同期させ、3Dメガネの右目/左目のシャッターを高速で開閉するアクティブシャッター方式だ。

 同期がうまくいかないとクロストークと呼ばれる現象が発生し、映像がぼやけてしまう。同社ではOCB(Optically Compensated Bend)と名付ける技術を搭載することで、高速応答性と広視野角性能を両立した3Dメガネ用の液晶パネルを開発できたとする。応答速度は開→閉で0.1ミリ秒、閉→開で1.8msミリ秒、コントラスト比は正面からが5000対1、視角30度でも1000対1を確保した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう