ニュース
» 2010年05月19日 12時36分 UPDATE

日本ビクター、“トップマウント構造”で遮音性を高めたカナル型イヤフォン「HA‐FXC71/FXC51」

日本ビクターは、遮音性を高める独自技術“トップマウント構造”を採用したカナル型イヤフォン「HA‐FXC71/FXC51」を発売する。

[ITmedia]

 日本ビクターは5月19日、ダイナミックな低域再生を実現する“カーボン振動板搭載マイクロHDユニット”と遮音性の高い密閉構造の“トップマウント構造”を採用したカナル型イヤフォン「HA‐FXC71」「HA‐FXC51」を発表した。発売は6月中旬で、市場想定価格は「HA‐FXC71」が6000円前後、「HA‐FXC51」は4000円前後。

photo 左からHA‐FXC71‐B(ブラック)、HA‐FXC71‐W(ホワイト)、HA‐FXC51‐B(ブラック)、HA‐FXC51‐R(レッド)、HA‐FXC51‐W(ホワイト)

 カーボン振動板を採用したドライバーユニット“カーボン振動板搭載マイクロHDユニット”は、口径5.8ミリながらダイナミックな低域再生を実現するという。さらにドライバーユニットの位置を本体の先端部に配置し、より耳の深部で音楽を再生する“トップマウント構造”で高い遮音性と音漏れ防止が可能になったとする。

 「HA‐FXC71」では、高比重ボディに比重の大きいブラスリングを内蔵した“デュアルシリンダー構造”とし、高剛性ステンレス素材の“メタルハウジング”と組み合わせることで、振動ロスを低減する。「HA‐FXC51」はアルミニウム素材の“メタルハウジング”を採用し価格を抑えた。

 両モデルとも、コードを巻き付けて長さを調節できるコードキーパー、コードを衣服などに留めるクリップ、キャリングポーチ、シリコン製のイヤーピースはS/M/Lの3サイズが付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう