ニュース
» 2010年05月25日 14時01分 UPDATE

ソニー、再生時間を伸ばしたポータブルDVDプレーヤー「DVP-FX950」

ソニーは、最長約7.5時間の連続再生可能なポータブルDVDプレーヤー「DVP-FX950」を6月18日に発売する。

[ITmedia]

 ソニーは5月25日、9V型の液晶パネルを搭載したポータブルDVDプレーヤー「DVP-FX950」を6月18日に発売すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は3万5000円前後。

photo 「DVP-FX950」

 LEDバックライトの省エネ制御機能を向上させ、液晶パネルの省電力機能などを搭載した結果、最長約7.5時間の連続再生時間を達成した。同社の従来機と比べて約25%の性能向上だという。30分間使用しないと自動的に待機状態に入る「オートパワーセーブ」を搭載するなど、省電力を意識した設計を施している。

 9V型の液晶パネルは解像度800×480で、映画の字幕などの細かい文字もくっきりと表示できるという。特定のシーンを繰り返し再生できる「A-Bリピート機能」、180度回転し折りたたむこともできる液晶パネル、画面に揺れを伝えないソフトタッチキーの採用など、使い勝手にも配慮した。

 CPRMに対応し、地上デジ/BSデジタル/110度CSデジタルの放送を録画したDVDの再生が可能だ。アナログ放送を録画したDVDやハイビジョンレコーダーで録画したデジタル放送のダビングDVDも再生できる。

 充電時間は約6時間。海外でも使える100〜240V対応のACアダプターにくわえ、カーバッテリーアダプターも付属する。本体サイズは突起物を含んで約227(幅)×34.4(高さ)×170.8(奥行き)ミリ、重量は約880グラム(外付けバッテリーパックを含まず)。

関連キーワード

ソニー | ポータブルDVD | 液晶パネル | CPRM


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.