ニュース
» 2010年06月01日 16時43分 UPDATE

オンキヨー、3D映像対応のAVセンター「TX-NA708/TX-NA808」を発表

オンキヨーは3D映像やARC、ネットワークオーディオに対応したAVセンター「TX-NA708/TX-NA808」を発表した。

[ITmedia]

 オンキヨーは6月1日、「HDMI ver.1.4a」に対応し、ネットワークオーディオ機能も搭載したAVセンター「TX-NA708/TX-NA808」を発表した。発売予定は6月26日、価格はTX-NA708が13万6500円、TX-NA808が16万8000円。

photophoto 「TX-NA808」(左)、「TX-NA708」

 3Dテレビの本格的な普及を見据え、HDMI規格の最新版となる「HDMI ver.1.4a」を搭載し、3D映像伝送とオーディオリターンチャンネル(ARC)に対応した。両モデルともHDMI入力端子を7つ、HDMI出力もTX-NA808は2系(TX-NA708は1系統)搭載して、システムの拡張に備えた仕様とした。

 ネットワークオーディオ機能では、WAV/WMA/WMA DRM/WMA Lossless/MP3/AAC/FLAC/Ogg Vorbis/LPCMなど、圧縮形式からロスレス形式まで幅広く対応する。さらにCD品質を上回る24bit/96kHzフォーマットにも対応した。iPod/iPhoneのデータは、音質劣化の少ないデジタル信号のまま入力できる。Windows 7との互換性も確保しており、LAN接続すればPC側から同機を認識し再生操作を行える。

 アンプ部の構造は、アナログ回路とデジタル回路の間で発生するノイズ干渉を抑えるため、プリアンプ部とパワーアンプ部を分離したレイアウトを採用している。さらにTX-NA808では、デジタル/ビデオのプリアンプ部とパワーアンプ部を完全にブロック化して干渉の発生を抑えた。

 両モデルとも、「Dolby TrueHD」「DTS-HD Master Audio」「ドルビープロロジックIIz」「AudysseyDSX(Dynamic Surround Expansion)」に対応。7chパワーアンプと11台分のスピーカー出力端子を装備しており、7.1chのサラウンドシステムを構成できる。ビデオアップコンバーターを搭載するほか、「DCDiCinema」回路によりアナログ映像信号を1080pにアップスケーリングすることも可能だ。

関連キーワード

オンキヨー | HDMI | AVアンプ | 3D | AVセンター | 3D映像


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう