ニュース
» 2010年06月04日 17時54分 UPDATE

さらに気持ち悪く……:進化した昆虫型ロボット「HEX BUG nano」登場

タカラトミーアーツは、米Innovation First Internationalのロボットトイ「HEX BUG nano」(ヘクス・バグ ナノ)5種を7月17日に発売する。

[ITmedia]
photo たくさんいると、さらに気持ち悪い「HEX BUG nano」。タカラトミーアーツの商品サイトで動画を公開中

 タカラトミーアーツは、米Innovation First Internationalのロボットトイ「HEX BUG nano」(ヘクス・バグ ナノ)5種を7月17日に発売する。価格は各924円。

 2007年にバンダイが国内で販売し、物議をかもしたゴキブリ型ロボット「HEX BUG」の進化(?)形。全長43ミリの小さな体に超小型モーターとボタン電池を搭載し、携帯電話のバイブレーション機能と同じ仕組みで本体を振動させる。その動きが左右12本の足に伝わり、見た目からは想像できないほど俊敏かつ無秩序に動き回る。「足の動きは、ミクロ生物の繊毛運動メカニズムと同じ原理」(同社)という。ひっくり返っても自分で起き上がり、またカサカサと動き出す。

 カラーバリエーションは、ブラック系3種類とブルー、レッドの計5種。対象年齢は6歳以上。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう