ニュース
» 2010年06月29日 13時05分 UPDATE

3D対応:ヤマハ、バーチャル・プレゼンス・スピーカー機能搭載のAVアンプ「RX-V767」

ヤマハは、ミッドレンジのAVアンプ「RX-V767」を8月に発売する。シネマDSP<3Dモード>に加え、新たにVPS(バーチャル・プレゼンス・スピーカー)機能を備えた。

[ITmedia]
photo ヤマハ「RX-V767」。写真のブラックにくわえ、ゴールドのカラーバリエーションも用意する

 ヤマハは6月29日、ミッドレンジのAVアンプ「RX-V767」を発表した。シネマDSP<3Dモード>に加え、新たにVPS(バーチャル・プレゼンス・スピーカー)機能を備えた。ブラックとゴールドの2色を8月中旬に発売する。価格はいずれも8万4000円。

 昨年の人気モデル「AX-V765」をベースに、3D映像伝送などの新機能を盛り込んだ7.1ch AVアンプ。デジタル回路は完全な新規開発とし、基板用の電源強化やカスタムパーツの採用といった音質チューニングによってS/N比を改善している。D/Aコンバーターはバーブラウン製。AX-V765と同グレードながら、1世代新しいものを採用して耐熱性と消電力性が向上したという。

 HDMI端子は、3DとARC(オーディオ・リターン・チャンネル)に対応したHDMI 1.4ベースとなり、6系統の入力(うち1系統はフロントパネルに装備)と、2系統の出力を備える。2系統のHDMI出力は、切替あるいは同時出力が可能で、どちらもARCをサポートしたのが特長。テレビとフロントプロジェクターの2Wayシアターに限らず、両方にテレビを接続することも可能だ。

 DSP関連では、「シネマDSP-plus」をベースに高さ方向の音場表現をプログラムした「シネマDSP<3Dモード>」を搭載したほか、新たにVPS(バーチャル・プレゼンス・スピーカー)機能を採用。フロントプレゼンス(フロントハイト)スピーカーを設置できない5.1ch/7.1ch構成でも“高さ”方向の音場効果を利用できるという。VPSは、設定メニューで3Dモード選択時にフロントプレゼンスを「使用しない」に設定すると自動的にオン。左右後方のサラウンドチャンネルからバーチャル音声を再生し、同時にセンタースピーカーからクロストークキャンセル信号を出して疑似的にプレゼンススピーカーを創成するという仕組みだ。

photophoto 背面端子は従来よりも間隔を広げ、太いケーブルを使用した場合でも干渉しないようになった(左)。付属のリモコン(右)

 そのメリットは、サービスエリアが広いこと。「例えばSR(サラウンドライト)からバーチャル音声を再生することで、右耳に届く目的信号と左耳に届く妨害信号の位相差が小さくなり、クロストークキャンセルの音圧レベルを抑えられる。フロント左右を使う方法に比べ、スイートスポットが広く、頭を動かしただけで音場が乱れるということもない」(同社)。

 一方、シネマDSPのサラウンドモードでは、新たにゲーム用の「RPG」「アクション」をチューニング。名称こそ従来と同じだが、スクウェア・エニックスのサウンドクリエイターと技術交流を行った結果、ゲームサウンドに最適なデザインにブラッシュアップできたという。

photo 独自のワイヤレス技術「AirWired」に対応したドック「YID-W10」(オープン、8月上旬発売)を同時発表

 音楽再生時の機能も強化した。AACやMP3といった圧縮音源を再生する際、高域の補完や低域の補強を行う「ミュージックエンハンサー」は、シネマDSPを組み合わせて利用できるようになった。従来はシネマDSPの1モードという位置づけだったミュージックエンハンサーだが、今回から独立。シネマDSPと“掛け合わせ”て音場表現を加えることで、より豊かな音楽再生が可能になるという。

 iPod/iPhoneを接続する場合は、同時にリリースされたAirWired対応ドック「YID-W10」(オープン、8月上旬発売)を使用する。iPodなどにYID-W10のトランスミッターを接続すれば、iPod/iPhoneをリモコンのように操作しながらワイヤレスで音楽を再生できるほか、ドック部分にiPodを接続して充電も可能だ。通信距離は約20メートル。ペアリング済みで出荷されるため、難しい設定もいらない。

 このほかの新機能として、新デザインのGUI(グラフィカル・ユーザー・インタフェース)が挙げられる。新しいGUIでは6カ国語をサポート。このため日本語表記も可能になった。

photo 新デザインのGUI。壁紙機能も付いた

 主な仕様は下表の通り。

型番 RX-V767 AX-V765(参考)
定格出力 95ワット×7
HDMI入力 6(うち1系統は前面) 4
HDMI出力 2(同時出力も可能) 1
外形寸法 435(幅)×171(高さ)×367.5(奥行き)ミリ 435(幅)×171(高さ)×365.5(奥行き)ミリ
重量 11キログラム
カラー ブラック、ゴールド ブラックのみ
価格 8万4000円 8万4000円
発売時期 8月中旬

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう