ニュース
» 2010年07月02日 14時04分 UPDATE

ランサーリンクから3D対応のHDMIセレクター×2モデル

ランサーリンクは、3D映像に対応したHDMIセレクター、1入力8出力の「HD-18V3D」、4入力2出力「HD-42V3SW」を発売した。

[ITmedia]

 ランサーリンクは、HDMI v1.4aの3D規格に対応した1入力8出力のHDMIセレクター新製品「HD-18V3D」、ファームウェアのアップデートにより3D映像に対応した4入力2出力のHDMIセレクター「HD-42V3SW」を発売した。価格は、HD-18V3Dは6万2800円、HD-42V3SWが2万1800円。

photophoto 「HD-18V3D」(左)、「HD-42V3SW」

 HD-18V3Dは、HDMI v1.4aで規格化された3Dの伝送形式(フレームパッキング/サイドバイサイド/トップアンドボトム)に対応し、1080pフルハイビジョンによる3D映像ソースに対応する。プロ仕様のエンハンス機能(ON/OFF)を装備し、ケーブル長は15メートルまで伸ばせる。3D以外のHDMIバージョンは1.3aとなっている。

 既存品のHD-42V3SWは、HDMI v1.3ながら7月2日にファームウェアを変更して3D映像に対応した。シャープのアクオスリンク、パナソニックのビエラリンク、ソニーのブラビアリンクなど、既存のHDMIリンクに対応したCEC機能をバイパスできるため、既存の組み合わせを変える必要はないという。12ビットディープカラーや最新のロスレスデジタルオーディオに対応している。

関連キーワード

HDMI | HDMIセレクター | 3D映像 | HDMIリンク


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう