ニュース
» 2010年07月05日 20時42分 UPDATE

全高39センチ:写真で解説する「大人の超合金 スペースシャトル エンデバー」 (1/2)

バンダイは、「大人の超合金」シリーズの第2弾となる「スペースシャトル エンデバー」を年末に発売する。スペースシャトルの打ち上げから帰還までの全行程を再現できるという。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 バンダイは7月5日、「大人の超合金」シリーズの第2弾となる「スペースシャトル エンデバー」を発表した。12月3日発売予定で、価格は4万7250円。同日、「東京おもちゃショー2010」での展示に先駆けて報道関係者に試作品を公開した。

photophoto 「大人の超合金 スペースシャトル エンデバー」。付属のスタンドは3つのLEDライト付き。全面のプレートは金属製だ

 「大人の超合金」は、実在の造形物をリアルに再現した超合金の新シリーズ。今年3月に発売した第1弾「アポロ11号&サターンV型ロケット」は、全高76センチというサイズと緻密(ちみつ)な造形で注目を集め、5万2290円と高価ながらも5000個以上を販売したという(→「大人の超合金」アポロ11号のこだわり)。

 同社では、「アポロ打ち上げ当時、テレビ中継を見守っていた40代後半から60代の男性がメインターゲット」と話していたが、実際の購入者も平均年齢48歳とまさに狙い通り。従来の超合金とは異なるユーザー層の開拓に成功した。第2弾としてスペースシャトルを選んだ理由については、「スペースシャトルは、日本人宇宙飛行士も多数搭乗している最もなじみのある有人宇宙船。アポロ11号の購入者からも要望が多かった」。同社では、アポロ11号よりも若いユーザー層にも受け入れられると予想している。

表面処理から内部構造まで精巧な作り

 スペースシャトルもアポロ11号と同じ1/144スケールで、全高39センチ。オービター(エンデバー)、左右の固体燃料補助ロケット、外部燃料タンク、ISS用ロボットアーム、多目的補給モジュール(MPLM)などが付属しており、スペースシャトルの打ち上げから帰還までの全行程を再現できるという。

photo パッケージの内容
photo 固体燃料補助ロケットと外部燃料タンク
photo 多目的補給モジュール

 オービターの造形は細かい。表面の耐熱タイルから各種マーキングはもちろん、フライトデッキやミッドデッキといった内部構造も精密に再現した。このうちダイキャスト製のパーツは側面や強度の必要な部分などに限られるが、持ち上げたときに「金属ならではの重さ」を感じられるようにするという(重量は未定)。

 上部ペイロード・ベイを開けると、リモート・マニピュレーター・アームや多目的補給モジュールが現れる。ディスプレイ用支柱を使ってこれらを固定し、付属の宇宙飛行士(船外活動タイプ)2体をワイヤーでつなげば、船外活動の様子を再現できる。

photophoto 内部のミッドデッキとフライトデッキも再現
photophotophoto ペイロード・ベイ用の透明なディスプレイ用支柱が付属するため、船外活動の様子を再現できる。専用ワイヤーは宇宙飛行士を取り付けて保持可能
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.