ニュース
» 2010年07月26日 13時28分 UPDATE

3D映画「仮面ライダーW」にビクターの2D-3D変換技術

2D映像を3D立体映像にリアルタイム変換できる日本ビクターの業務用3Dイメージプロセッサ「IF‐2D3D1」が、東映3D映画「仮面ライダーW」「天装戦隊ゴセイジャー」の制作に採用された。

[ITmedia]
photo 3Dイメージプロセッサ「IF‐2D3D1」

 ビクター・JVCは7月26日、同社の業務用3Dイメージプロセッサ「IF‐2D3D1」が、今夏公開の東映3D映画「仮面ライダーW FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ」「天装戦隊ゴセイジャー エピック ON THE ムービー」において、一部の3D映像制作に採用されたと発表した。

 IF‐2D3D1は、通常の2D映像から3Dの立体映像をリアルタイムに生成する「2D‐3Dコンバーター」や、3D映像の編集作業をサポートする機能を搭載している。今回、東映の3D映像制作に採用では、「HD‐SDI 1080/24P信号を処理できる」「リアルタイムで変換状況を視認できる」「視差量(Parallax)・奥行き感(Intensity/Sub Intensity)領域特性の自然さ」の3点が評価されたという。

photophoto いずれも「仮面ライダーW FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ」の一場面。映画は8月7日より全国公開される (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう