ニュース
» 2010年08月18日 16時21分 UPDATE

アナログテレビやPCディスプレイを“地デジ対応”に:アイ・オー、低廉なデジタル放送チューナーBOX 2モデル「HVT-BTL」「HVT-BCTL」

アイ・オーが、1万円台の3波対応デジタルチューナーユニットを投入。HDMI/D4/S-Video/RCA/アナログRGBの各種出力端子を備える。

[ITmedia]
photo 地上デジタル/BSデジタル/110CSデジタル放送対応の「HVT-BCTL」

 アイ・オー・データ機器は8月18日、既存のアナログテレビをデジタル放送対応にする末置き型デジタルテレビチューナーユニット2モデル「HVT-BCTL」「HVT-BTL」を発表、2010年8月下旬(HVT-BCTL)より順次発売する(HVT-BCTLは9月上旬発売)。価格はHVT-BCTLが1万4600円、HVT-BTLが1万1500円。

 HVT-BCTLは、地上デジタル/BSデジタル/110度CSデジタル放送に対応、HVT-BTLは地上デジタル/BSデジタル放送に対応。HDMI、D(D1/D2/D3/D4)、S-Video、RCA(コンポジット)、アナログRGBの各出力端子を備え、既存のアナログテレビやPC用ディスプレイなどに接続してデジタル放送を視聴できる。データ放送や双方向通信サービスは非対応。

 本体サイズは236(幅)×53(高さ)×152(奥行き)ミリ、重量は約560グラム。テレビ操作用リモコン、B-CASカード、RCAケーブルなどが付属する。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう