ニュース
» 2010年08月24日 11時36分 UPDATE

BD/HDD内蔵モデルも:シャープ、オールインワンの録画対応“LED AQUOS”を発表

シャープは、液晶テレビ“AQUOS”の新製品として、ハイビジョン録画に対応した2シリーズ計8機種を発表した。上位モデルは、Blu-ray Discドライブと500GバイトのHDDを搭載したオールインワンタイプだ。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 シャープは8月24日、液晶テレビ“AQUOS”の新製品として、ハイビジョン録画に対応した2シリーズ計8機種を発表した。9月20日から順次発売する予定だ。

photophoto 外付けUSB HDDに対応したDZ3ライン(左)とBD/HDD内蔵のDR3ライン(右)

 シャープはすでに、Blu-ray Discへの直接録画を行う「DX3ライン」、外付けUSB HDDに対応した“AQUOSクアトロン”シリーズといった録画対応テレビをリリースしているが、今回は手軽な外付けUSB HDD対応の「DZ3ライン」6機種に加え、Blu-ray Discドライブと内蔵HDDを備えたオールインワンタイプの「DR3ライン」2機種をラインアップ。BD-ROM再生やHDDに録画した番組のダビングにも対応する。

シリーズ DZ3ライン DR3ライン
型番 LC-52DZ3 LC-46DZ3 LC-40DZ3 LC-32DZ3 LC26DZ3 LC-20DZ3 LC-40DR3 LC-32DR3
録画機能 外付けUSB HDD対応 BD/HDD(500Gバイト)内蔵
実売想定価格 35万円前後 27万円前後 18万円前後 15万円前後 11万円前後 9万円前後 25万円前後 18万円前後
発売日 9月20日 10月15日
価格はすべてオープンプライス

手軽に録画/再生が行えるDZ3ライン、32V型フルHDモデルも

 市販の外付けUSB HDDを接続すれば、デジタル放送のTS録画が可能になる録画テレビ。デジタル放送を視聴中にリモコンの録画ボタンを押すだけで録画がスタートし、番組終了に合わせて自動的に録画も終了する仕様とした。録画済み番組の再生操作などはファミリンクパネルで行う。

photophoto DZ3ラインは、外付けのUSB HDDを追加することで録画テレビに早変わり

 また、頻繁に視聴する番組や番組ジャンルをテレビが学習して自動録画する「常連録画」機能も搭載。好みの番組を集めた「常連番組表」から毎日最大4時間ぶんを指定しておくと、テレビが自動的に録画してくれる。

 省エネ機能も充実。ムーブセンサーが人の動きを感知して、テレビの前に人がいないと判断した場合には消費電力を落としたり、リモコンのボタン1つで約20%の節電を行う「セーブモード」を備えた(40V型、標準モード時)。オートクイック機能は、人がテレビの前にくるとムーブセンサーが検知してテレビのクイック起動を自動的にオン。リモコンの電源ボタンを押すとすぐに起動する。

photophoto USB端子は側面。HDMI入力は側面の1つを合わせて3系統(左)。リモコンには「セーブモード」ボタンを搭載(右)

 画面サイズは、52V型、46V型、40V型、32V型、26V型、20V型の6タイプ。このうち20V型をのぞく5モデルはUV2A技術を採用した液晶パネルを搭載している(20V型はブラックASV液晶)。また32V型に1920×1080ピクセルのフルハイビジョンパネルを搭載した点も特長。バックライトも32V型まではLEDの直下型とし、LEDスキャン倍速で動画表示性能を改善している(26V/20V型のみエッジタイプのLEDバックライトを採用)。

photo フルハイビジョンパネルと直下型LEDバックライトを搭載した32V型の「LC-32DZ3」

 インタフェース類は各サイズ共通で、HDMI入力は3系統を用意した(ARC対応)。このほかに2系統のD5映像入力、S2映像、3系統のコンポジット入力、アナログRGBなどを備えた。

BDダビングも可能なDR3ライン

 Blu-ray Discと内蔵HDDの両方を搭載した“簡単録画テレビ”。BD/HDDともにデジタル放送の直接録画に対応し、もちろんHDDに録画した番組をBDにダビングすることもできる。

photophoto DR3ラインは向かって右側面にスロットイン式のBlu-ray Discドライブを搭載する(左)。DR3ラインの画面(右)

 MPEG-4 AVC/H.264のトランスコーダーを搭載し、最大8.5倍の長時間録画をサポート。500Gバイトの内蔵HDDには、最長で約380時間ぶんの番組をフルハイビジョン解像度で録画することが可能だ。録画中の番組を再生する“追いかけ再生”や、外出時や就寝中にダビング作業を行う「ダビング予約といった便利な機能も備えた。

photophoto HDMI入力は3系統。BD-LIVE用のLAN端子は、写真の端子群とは別に背面上部中央に用意されている

 ラインアップは、フルハイビジョンの40V型とワイドXGA解像度の32V型で、いずれもUV2A技術採用の液晶パネルに直下型LEDバックライトを組み合わせた。動画表示性能を向上させるLEDスキャン倍速も採用している。

 入出力端子は、3系統のHDMI入力(ARC対応)に加え、D5、S2、2系統のコンポジット、アナログRGBなど。BD-LIVE用と「ホームネットワーク」(DLNA)用の2つのLAN端子を備えた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう