ニュース
» 2010年08月31日 18時55分 UPDATE

来年は裸眼3Dディスプレイが来る?

シード・プランニングは、裸眼3Dビジネスの最新動向と市場展望に関する調査結果を発表した。2015年の市場規模は約486万台になるという。

[ITmedia]

 シード・プランニングは8月31日、裸眼3Dビジネスの最新動向と市場展望に関する調査結果を発表した。家庭用3Dテレビの普及が始まった今年に続き、来年は裸眼3Dビジネスが立ち上がるとしている。調査は2010年6月1日〜8月10日の期間で実施した。

 同社の予測によると、2015年における裸眼3D対応製品の国内市場規模は約486万台になる。裸眼3Dが普及するデバイスは、小型のディスプレイを搭載する携帯電話と家庭用ゲーム機(ポータブル型)が最も多く各150万台、続いてデジタルカメラ50万台、パチンコ・パチスロとデジタルフォトフレームが各45万台、テレビと電子辞書が各20万台と予測している。テレビを除くほとんどのデバイスは3D=裸眼3Dとなる。

 一方、裸眼3Dを搭載する比率の高いデバイスは、家庭用ゲーム機(ポータブル型)が30%、続いてデジタルキオスクが15%、電子辞書/パチンコ・パチスロ/デジタルフォトフレームが各10%と予測している。テレビは24%が3Dメガネ方式で、裸眼3Dはわずか1%にとどまる。

photophoto 「2015年の裸眼3D対応製品の出荷台数(国内)予測」(左)、「2015年の製品別裸眼3D搭載率予測(国内)」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう