ニュース
» 2010年09月01日 13時56分 UPDATE

初の2ユニット構成:テレビの下に置けるリアル7.1チャンネル、ヤマハ「YSP-2200」登場

ヤマハは、デジタル・サウンド・プロジェクターの新製品として、バータイプのセンターユニットとサブウーファーで構成される「YSP-2200」を発表した。手持ちのAVラックにも収まる新スタイル。

[ITmedia]

 ヤマハは9月1日、デジタル・サウンド・プロジェクター“YSP”シリーズの新製品として、新スタイルの「YSP-2200」を発表した。10月に発売する予定で、価格はオープンプライス。店頭では9万円前後になる見込みだ。

photo 「YSP-2200」は、横長バータイプのセンターユニットとスリムなサブウーファーで構成される新スタイルのYSP

 横長バータイプのセンターユニットとスリムなサブウーファーの2ピース構成となった新スタイルのデジタル・サウンド・プロジェクター。16個のビームスピーカーを横一列に並べたセンターユニットをテレビの前(画面とスタンド部の間)に設置する方式となった。センターユニットは、高さ79ミリ(〜89ミリ、調整可能)と薄型のため、ほとんどの薄型テレビで利用できる。幅は944ミリ、奥行きは145ミリとなる。

photophoto センターユニットには16個のビームスピーカーが横一列に並ぶ

 一方のサブウーファーは、スタンド部を付け替えることで縦置き/横置きの両方に対応する。縦置き時には141(幅)×430(高さ)、350(奥行き)とスリムに、また横置きの場合には435(幅)×137(高さ)×350(奥行き)の薄型になり、従来機に比べて設置性は大幅に向上した。

 「従来のYSPは、高さがあって置きにくく、ラックとのセット販売となるケースが多かった。YSP-2200なら、手持ちのAVラックにも柔軟に設置できる」(同社)。

photophoto 実際の設置例(左)とサブウーファーのアップ。手持ちのAVラックに収納できるサイズだ

 ビームスピーカーは、すべて2.8センチのコーン型で、横一列に並んだ数としてはYSPシリーズの中でも最大となる。内蔵アンプは、ビームスピーカー用の2ワット×16とウーファー用の100ワット。ドルビーTrueHDやdts-HD/High Resolutionなどに対応するデコーダーを搭載するほか、同社のシネマDSPもサポート。音楽や映画などジャンル別に開発された11のサラウンドモードを利用できる。

 入出力端子は、センターユニットの背面にある。3系統のHDMI入力に加え、光デジタル×2、同軸デジタル×1、アナログ×1を搭載した。もちろん3DパススルーやARC(オーディオリターンチャンネル)、大手テレビメーカー各社のHDMIリンク機能に対応。テレビ側のリモコン操作でYSPの電源オン/オフや音量調整、入力切り替えが行える。

photophoto 背面端子。3系統のHDMI入力などを備える

 このほか、オプションのiPod/iPhone用ドックを接続するための専用ポートも備えた。出力は1系統のHDMI、メニュー表示やiPodの動画出力用のコンポジット映像×1となっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.