ニュース
» 2010年09月21日 16時05分 UPDATE

デノン、AirPlayに対応した9.2ch AVサラウンドアンプ「AVR-4311」

デノンは、iTunesの音楽をストリーミング再生できるAirPlayに対応したミドルレンジ向けの9.2ch AVサラウンドアンプ「AVR-4311」を10月中旬に発売する。

[富永ジュン,ITmedia]

 デノンは、9.2ch AVサラウンドアンプ「AVR-4311」を10月中旬に発売する。価格は25万2000円。

PhotoPhoto
PhotoPhoto 「AVR-4311」

 AVR-4311は、HDMI Ver.1.4a端子を備え、低ジッタ再生を可能にする「DENON Link 4th」や、スピーカーのセッティングと部屋の音響特性を自動調整する「Audyssey MuliEQ XT 32」などを搭載したミドルレンジAVアンプだ。

 オーディオ・リターン・チャンネル(ARC)対応のテレビモニターとHDMIケーブルで接続するだけでテレビの音声が楽しめるほか、3D映像信号のパス・スルーやDolby TrueHD、DTS-HD Master Audioもサポートする。また、HDMIコントロール(CEC)に対応し、テレビのリモコンからのパワーオン/オフや入力ソース切り換え、音量調整が行える。

 iTunesのライブラリー内の音楽をストリーミング再生できるAirPlayに対応し、iTunesからのAVR-4311の音量調整、AVR-4311からのスキップ、一時停止といった基本操作が可能だ。さらに、パソコンとAVR-4311の設置場所が離れている場合でも「Remote」アプリを使えばiPhoneやiPod touchからの操作が行える。

 本体サイズは434(幅)×171(高さ)×414(奥行)ミリ、重量は17.3キログラム。カラーはブラックとプレミアムシルバー。定格出力はフロント140W+140W、センター140W、サラウンド140W+140W、サラウンドバック140W+140W、フロントハイト/ワイド140W+140W(8Ω、20Hz〜20kHz、THD0.05%)。

関連キーワード

AVアンプ | 3D | デノン | サラウンド | HDMI | AirPlay


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう