ニュース
» 2010年10月06日 15時34分 UPDATE

ビクター、2wayフォルムなどコンパクトスピーカー2モデル

ビクター・JVCは、ポータブルスピーカーの新製品として、オートパワー・オン/オフ機能を備えた「SP-A230」を11月中旬に、2wayフォルムを採用した「SP-A1M」を11月上旬に発売する。

[富永ジュン,ITmedia]

 ビクター・JVCは、ポータブルスピーカーの新製品として、オートパワー・オン/オフ機能を備えた「SP-A230」を11月中旬に、2wayフォルムを採用した「SP-A1M」を11月上旬に発売する。価格はいずれもオープンだが、予想実売価格はSP-A230が3500円前後、SP-A1Mが2000円前後。

 SP-A230は、携帯音楽プレイヤーを再生すると自動で電源が入り、一定時間再生を停止すると自動で電源が切れる「オートパワー・オン/オフ機能」を搭載する。スクエアバーデザインのボディに160mW+160mWのオーディオアンプと新開発のネオジウムスピーカーユニットを内蔵し、電池なしでも音楽を楽しめるパッシブモードにも対応する。

 本体サイズは162(W)×42(H)×32(D)mm、重量は約135g(乾電池・コード含まず)。単3乾電池2本で駆動する。カラーはブラック、ゴールド、レッド、ホワイトの4色。

PhotoPhoto
PhotoPhoto オートパワー・オン/オフ機能を備えた「SP-A230」

 SP-A1Mは、上向きと正面向きの2通りの置き方が選べるコンパクトスピーカーだ。160mWのオーディオアンプと新開発の高磁力ネオジウムスピーカーユニットを搭載し、手軽に音楽を楽しめるのが特徴だ。

 本体サイズは75(W)×75(H)×41(D)mm、重量は約80g(コード含む、乾電池含まず)。単4乾電池2本で駆動する。カラーはブルー、ブラック、ピンク、ホワイトの4色。

PhotoPhoto
PhotoPhoto 上向きと正面向きの2通りの置き方が選べる「SP-A1M」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう