ニュース
» 2010年10月08日 16時45分 UPDATE

オンキヨー、HDMI 1.4a対応の9ch最上位AVセパレートアンプ「PR-SC5508/PA-MC5500」

オンキヨーは、フラッグシップAVセパレートアンプの新製品として、3D映像伝送とARCに対応した9.1ch対応AVコントロールセンター「PR-SC5508」と9chパワーアンプ「PA-MC5500」を10月29日に発売する。

[富永ジュン,ITmedia]

 オンキヨーは、フラッグシップAVセパレートアンプの新製品として、9.1ch対応AVコントロールセンター「PR-SC5508」と9chパワーアンプ「PA-MC5500」を10月29日に発売する。価格は26万2500円、21万円。

PhotoPhoto 9.1ch対応AVコントロールセンター「PR-SC5508」(左)、9chパワーアンプ「PA-MC5500」(右)

 PR-SC5508は、3D映像伝送とARCに対応したHDMI 1.4a端子を8入力2出力搭載し、24bit/96kHz音源やDLNAに対応する。また、フロントハイスピーカーを加えたドルビープロロジックIIzと、さらにフロントワイドスピーカーまでをサポートするAudyssey DSXを採用し、ホームシアターの世界標準ともいえる「THX Ultra2 Plus」に準拠する。

 PA-MC5500は、4段インバーテッドダーリントン回路など独自のピュアオーディオ技術を採用することで音質を追求した9chパワーアンプ。大型カスタムトランジスターにより、シングルプッシュプル動作で各チャンネル200Wの定格出力を実現し、電源部に大容量トロイダルトランスと大容量電解コンデンサーを搭載した。

関連キーワード

AVアンプ | HDMI | 3D映像


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう