ニュース
» 2010年10月13日 13時48分 UPDATE

ビクター、ウッドコーンオーディオシステム「EX‐A250」を発売

ビクターは、ウッドコーンオーディオシステム「EX‐A250」をビクターダイレクト限定商品として10月下旬より発売する。

[ITmedia]

 ビクターは10月13日、新開発の大口径14.5センチメートル異方性振動板ウッドコーン・ウーハーを搭載したウッドコーンオーディオシステム「EX‐A250」をビクターダイレクト限定商品として10月下旬より発売すると発表した。

 スピーカーシステム「SX‐WD250」、インテグレーテッドアンプ「RX‐A250」、DVDオーディオ/ビデオプレーヤー「XV‐A250」で構成されるシステムで、直販価格は19万9800円を予定している。

photo ウッドコーンオーディオシステム「EX‐A250」

 スピーカーシステム「SX‐WD250」は、振動板背面にチェリー材のシートを装着し、木の伝搬速度を上下左右方向に高めた異方性振動板を新開発した。ウッドキャップの内側に木片吸音材を採用し、音場の広がりや解像度の向上を実現したという。ウーハーとツィーターに独立したスピーカー端子を搭載し、独立したアンプでダイレクトに駆動するダイレクトドライブ方式を採用している。

photo 異方性振動板ウッドコーンの構造

 RX‐A250およびXV‐A250は、剛性を高め振動を吸収する15ミリ厚のサイドウッドボードを採用。さらに不要な振動を抑えるアークベースをボトムシャーシに設置し、真鍮削り出し3点支持構造のインシュレーターを装備した。

 XV‐A250のフロントパネル部にはUSB端子を備え、USBメモリーやデジタルオーディオプレーヤーを接続可能で、MP3やWMAファイルの再生のほか、CDの音楽をMP3(128kbps)で等速録音できる。

 スピーカー部の外形サイズは、198(幅)×326(高さ)×303(奥行き)ミリ(スピーカーターミナル、サランネット含む)、重量は7.4キログラム。RX‐A250は、282(幅)×96(高さ)×289(奥行き)ミリ、重量は3.6キログラム。XV‐A250は、282(幅)×96(高さ)×260(奥行き)ミリ、重量は3.0キログラム。

 オプションとしてスピーカースタンド「LS-EXA25」とドッキングステーション for iPod「AC-RS5」も発売される。いずれもオープン価格。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう