ニュース
» 2010年10月19日 14時44分 UPDATE

デノン、2.1chホームシアターシステム「DHT-S511HD」

デノンは、HDMI Ver1.4a(3D、ARC)に対応する2.1chフロントサラウンドシステム「DHT-S511HD」を11月上旬に発売する。

[ITmedia]

 デノンは10月19日、HDMI Ver1.4a(3D、ARC)に対応し、ドルビーバーチャルスピーカー搭載の2.1chフロントサラウンドシステム「DHT-S511HD」を11月上旬に発売すると発表した。価格はオ−プン。AVサラウンドアンプ「AVC-S511HD」は単体発売も行い、希望小売価格は6万円。

photo 「DHT-S511HD」

 DHT-S511HDは、昨年発売されたDHT-S500HDの後継モデル。光沢ブラックフェイスのAVアンプ部は、3D伝送やARC対応など最新のHDMI仕様に対応する。フロントスピーカーとサブウーハーのみでサウンドを創出するドルビーバーチャルスピーカーにより、2.1chフロントサラウンドを実現する。スピーカーを追加して5.1chへのグレードアップも可能だ。プラグインオートセットアップにより、部屋の環境に合わせたセッティングを手軽に設定できる。

 フロントスピーカーには、キャビネットの鳴きを抑える高比重の樹脂を採用。「余計な余韻を残さず輪郭がくっきりとした再生音」を実現するという。密閉型フルレンジの5.7cmコーン形×2、再生周波数特性は80Hz〜30kHz。外形サイズは85(幅)×188(高さ)×115(奥行き)ミリ、質量は0.9キログラム。フレア付きダクト採用のサブウーハーはバスレフ型で、再生周波数特性は30Hz〜300Hz。外形サイズは136(幅)×420(高さ)×304(奥行き)ミリ、質量は4.8キログラム。

 ラック専業メーカーの朝日木材加工とのコラボレーションで生まれた専用ラック「AS-DN1080」(オープン価格)も発売される。

photo 「AS-DN1080」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.