ニュース
» 2010年10月20日 14時26分 UPDATE

HDMI×3系統:ソニー、S-Master搭載の2.1chホームシアターシステム「HT-FS3」

ソニーは、フルデジタルアンプ「S-Master」やサラウンド音場を再現する「S-Force PROフロントサラウンド」を搭載した2.1chホームシアターシステム「HT-FS3」を発売する。

[ITmedia]

 ソニーは10月20日、薄型テレビにつないで手軽にサラウンドを楽しめる2.1chホームシアターシステム「HT-FS3」を11月21日に発売すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は2万3000円前後。

photo 「S-Force PROフロントサラウンド」のイメージ図

 デジタル音場処理技術により、前方のスピーカーだけで仮想的にサラウンド音場を再現する「S-Force PROフロントサラウンド」を採用した。実際のスピーカーから聞こえる音にくわえ、反射音や間接音まで再現するため、サラウンド空間の広がりや包み込まれるような感覚までリアルに再現するという。仮想サラウンドの構築に当たって壁から反射する音は利用しないので、部屋の形状に影響を受けにくい。

 さらに同社独自のフルデジタルアンプ「S-Master」を搭載し、音質劣化を最小限に抑え、歪みがない原音に忠実な再生を実現する。

photo 「HT-FS3」

 多くのAV機器と接続することを想定し、HDMI入力端子を3系統搭載した。Blu-ray DiscレコーダーやPS3、各種チューナーなどと常時接続してサラウンド音声を楽しめる。なお、テレビ音声を出力するには、HDMIケーブルのほか光デジタルケーブルでの接続も必要だ。

 「ブラビアリンク」に対応し、ブラビアとHDMIケーブルで接続することで、テレビ側のリモコンから画質モードや音声出力の切り替え、同機の音量調整、接続した機器の一斉電源オフといった操作が可能になる。

 9種類のサウンドフィールドを搭載し、映画や音楽など視聴するコンテンツに最適なサウンド設定を選べるほか、デジタル放送では番組のジャンルに応じたサウンドフィールドに自動で切り替わる「オートジャンルセレクター」の設定も可能だ。

 実用最大出力は、フロント100ワット+100ワット、サブウーファー200ワット。FM/AMチューナーも内蔵する。外形サイズは、フロントスピーカーが102(幅)×163(高さ)×77(奥行き)ミリ、サブウーファーが212(幅)×374(高さ)×364(奥行き)ミリ。重量はフロントスピーカーが0.55キログラム、サブウーファーが8.9キログラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.